審査員の方々も太鼓判!日本経済大学主催「高校生ビジネスプランコンテスト」に潜入!【後編】

高校生ビジネスプランコンテスト,レポート

ミライの学生起業家も!?
審査員がアッと驚くビジネスプランが続々!

起業家育成や学生の創業をサポートする日本経済大学・福岡キャンパスが主催する「高校生ビジネスプランコンテスト~未来開発アイデアコンテスト~」の本選レポート【後編】。どの発表も高校生ならではの視点が生む見事なビジネスプランで、総務省 自治財政局地方債課 理事官の尾﨑祐子さん、日本航空株式会社 九州・山口地区支配人副支配人の高木淳さんをはじめ、日本経済大学の都築明寿香学長など5名の審査員の方々も驚かれた様子で、「もったいない! 今すぐ起業された方がいいのでは?」というコメントまで飛び出しました!

大人顔負けのアイデアが続々!日本経済大学主催「高校生ビジネスプランコンテスト」に潜入!【前編】

2017.11.28
 

第6校目・静岡県立駿河総合高等学校

チームお茶大好き(発表者:村松風奈さん/大塚はるなさん)
タイトル「茶箱で伝えるお茶の魅力」

さて後半戦。お茶の生産地として知られる静岡からは、こんな提案が。商品を買う時に、高校生なら必ず「パッケージ買い」でデザインの良い方を選ぶことから、特産品のお茶もパッケージに凝ることで、売り上げが上がるのではないかと考え、オリジナル茶箱を作成。茶箱で付加価値を付けることでお茶の魅力を発信し、さらに持続可能なビジネスにしていく計画だ。茶箱の通信販売もすでに始まっていて、まだお茶の魅力に気付いていない県外からのお客さんや外国人観光客を対象に、宿泊施設で茶箱を展示し、広めたりもしているそうです!

高校生ビジネスプランコンテスト,レポート
 

第7校目・福岡県立福岡農業高等学校

食品科学科梅研究班(発表者:川内丸新くん/後庵盛寿くん、他)
タイトル「共に生きる社会を!!~大宰府の梅で未来を切り拓く~」

先輩の代から梅を使った商品開発を続けてきた彼らは、「大宰府の梅」を使って、就労支援に繋がるビジネスプランを提案。太宰府市の全面協力を得て、レトルトの「梅カレー」の開発・製造し、これらの包装作業を太宰府市障害者団体協議会「あす・ラック工房」に依頼することで就労支援に繋げた。また、太宰府市ふるさと納税のセットに本商品を組み込んでもらうことで、さらなる収益を確保。12月11日からは昨年に引き続き、カルビーとの共同開発商品「ポテトチップス 合格する梅(ばい)梅肉(うめにく)みそ味」も発売されるという。

高校生ビジネスプランコンテスト,レポート
 

第8校目・鹿児島市立鹿児島女子高等学校

チームしらうめ(発表者:冨森瑛香さん/幾留理子さん)
タイトル「Let’s 学校農家」

高齢化が進み、後継ぎ問題に直面する農家に目を付けた「チームしらうめ」は、「学校農家」のシステムを提唱。学校が屋上などで農業ができる環境を整えて生徒たちが野菜を育て、収穫された野菜の一部を会社に買い取ってもらい、スーパーなどで販売。残った野菜は、学校の授業や給食などでも活用することができるという、地産地消にも繋がるサイクルだ。日本の食料自給率は、たったの38%、1970年に1025万人いた農家の人口は2016年には192万人に減少している。きつい・汚いなどのイメージがある農業のやりがいを知ることにも繋がりそう。

高校生ビジネスプランコンテスト,レポート
 

第9校目・タイ:トゥリアムウドムスクサノンクラオ サムットプラカン スクール

チームTriamnomSamutprakan(発表者:Jiratchayada Phakanguanくん)
タイトル「タイのハーブを使った持続可能なエビの養殖による地域社会の維持」

最後に、タイの学生であるJiratchayadaくんが発表したのは、日本でもたくさん消費されているエビに関するビジネス。日本にも輸入されているエビの養殖池では、エビの病気を防ぐなど質の確保のために、化学薬品や抗生物質が使われるのが主流だという。しかし、それらがエビの生態系にも影響を及ぼし、問題となっている。そこで、抗生物質の代わりに自然の微生物やタイハーブを使う方法を提唱。臨床実験ではさまざまな効果が報告され、無農薬で安心安全なエビの養殖で、美味しい特産品として世界から注目を集めているそうです。

高校生ビジネスプランコンテスト,レポート
 
9組とも本当に素晴らしい見事なプランでしたが、最終審査の末、最優秀賞は、福岡県立福岡農業高等学校に決定しました!優秀賞には、青森県立名久井農業高等学校、特別賞には韓国デジタルメディア高等学校、タイ・トゥリアムウドムスクサノンクラオ サムットプラカン スクールが選出されました。

高校生ビジネスプランコンテスト,レポート

皆さん、おつかれさまでした。さらなるプランの推進を楽しみにしています!

■日本経済大学とは?

高校生ビジネスプランコンテスト,レポート
今回のイベントは、日本経済大学インターナショナルインキュベーションセンター(IIC)が主導となり、開催。IICは国籍やジェンダーを問わず、学生のアイデアや「夢」「才能」を受け止め、確かな「カタチ」へ育て上げることを目的に、学内・学外での創業・起業支援を行っている。経済・経営の実学に特化した日本経済大学は、18の専門コースで実践的なプロデュース力を養い、日本有数の留学生を抱える国際色豊かな大学としても知られ、夢の実現と共に「学内留学」も可能な大学です。

福岡キャンパス所在地:福岡県太宰府市五条3-11-25
(他に、神戸三宮キャンパス、東京渋谷キャンパスがあります)
WEBSITE

高校生ビジネスプランコンテスト,レポート