ライブで歌詞を間違えるとメンバーのテンションが上がる!? SPYAIR・IKE&KENTAに直撃

SPYAIR,IKE,KENTA,インタビュー

新作『KINGDOM』をリリースし、来年1月から全国ホールツアーを開催するSPYAIRにchスタッフがインタビュー。

バンドのことはもちろん、落ち込んだ時の対処法など、IKEさんとKENTAさんが和やかな雰囲気でお話ししてくれました。

SPYAIR,IKE,KENTA,インタビュー
取材:ch STAFF なな(高2)・YUNA(高1)・よもぎもち(高1)

インタビュー

SPYAIR

音楽やってるうちはずっと青春
自分の年齢も忘れている

▶おふたりはどんな高校生活を送っていましたか?

IKE バンドやってたね。

KENTA うん。俺とIKEは中学校の同級生で、高校に入る前からずっと一緒にバンド活動やってたんだ。ちゃんと勉強して、バイトもしながらね。

▶その頃の夢は何でしたか?

IKE 漠然と「バンドで飯食ったろ!」って思っていました。いい意味で勘違いをしていたと思うんだけど(笑)、それが今まで続けられて良かったなぁって思いますね。

KENTA 続けることって重要で、今になって思えば、続けられることも才能だと思う。頭のいい子は将来のことを考えて堅実な方向に向かっていくんだと思う。でも俺らはどちらかというとバカだったから(笑)

▶そんなおふたりにとって青春とは?

KENTA 音楽やってるうちはずっと青春、という気はする。

IKE 僕らはもう30歳を越えているんだけど、音楽をやっている時だけ自分の年齢を忘れていて高校生の時と大して変わらないんだ。それは青春しているからだと思う。

マイナスなこともプラスに転換!
それがライブのおもしろさ

▶ニューアルバム『KINGDOM』を通して伝えたいことは何ですか?

IKE “音楽って良いよね”っていうのが少しでも伝わったらいいかなと思います。

KENTA 今回、5枚目にしてデビュー当初の勢いや力強さが戻ってきました。これを聴いて「明日がんばろう!」とか、「またライブ行けるようにがんばろう!」っていう人たちが増えてくれたら嬉しいね。

▶今作の中で高校生へのオススメの曲を教えてください。

KENTA 『RAGE OF DUST』だな。とにかく“自分に貪欲であれ”って思う。親や先生に何か言われても気にせず、自分のやりたいことをやっていけばいいんじゃないかな。

IKE そうだね。『RAGE OF DUST』で歌っているように、欲しいものや勝ち取りたいものがあれば、迷わず突き進んでいいと思います。難しく考えたり、人生失敗しちゃうかもとか思わずに。僕らもそうだから。

▶ちなみに落ち込んだ時、ポジティブになれるスイッチの入れ方ってありますか?

IKE “空を見上げる”。吸い込まれるくらいにずーっと見上げてると、まぁいっか!って思うようになるんです。

KENTA 悩んでることやできないことがあれば、逆にとにかくそれに向きあってみる! 暇だったり、ひとりになる時間が多い時って落ち込みやすくなるから。何か友だちと一緒にやるのもいいし、部活の練習にとことん打ち込んでみるのもいいかもね。

▶SPYAIRさんにとってライブの醍醐味とはなんですか?

IKE ライブではミスもするけど、それもまた生ならではのおもしろさであって。例えば、歌詞を間違えたりしたら、他のメンバーは笑いながらテンションが上がるって言うんだ(笑)

KENTA ライブではマイナスなことも全部プラスになっていくからおもしろいよね。バンドとお客さんがその同じ空間にリアルタイムでいるってすごい大事なことなんだよ。

▶最後に、来年1月から開催される全国ホールツアーに向けての意気込みを教えてください。

IKE あんまり意気込んでも良くなくて。もちろん準備はしっかりするけど、本番で出ていく時はリラックスしていたいです。

KENTA ライブで曲もまた成長するし、『KINGDOM』というアルバムがツアーを通してどんなふうに完成していくのかすごい楽しみだね!

SPYAIR

スパイエアー
IKE(Vo.)、UZ(Gt.&Programming)、MOMIKEN(Ba.)、KENTA(Dr.)から成る、愛知県出身4 人組ロックバンド。2005年結成。2010年メジャーデビュー。2017年には富士急ハイランドでの野外単独ライブに15,000人を動員。10月11日に5thアルバム『KINGDOM』をリリース。

OFFICIAL WEBSITE

<SPYAIR TOUR 2018 ‒KINGDOM‒>

2/12(月・祝)兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
3/25(日)京都 ロームシアター京都 メインホール
4/12(木)大阪 フェスティバルホール
OFFICIAL WEBSITE

ch FILESでは、取材に参加してくれる「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26
SPYAIR,IKE,KENTA,インタビュー