『斉木楠雄のΨ難』で超絶中二病を演じた吉沢亮「僕も小中学生の頃から中二病でした(笑)」

斉木楠雄のΨ難,,吉沢亮,インタビュー

高校生の間でもすでに話題の映画『斉木楠雄のΨ難』。

主演の山﨑賢人さん演じる斉木楠雄の出で立ちもさることながら、吉沢亮さん演じる超絶中二病(!)の海藤瞬も強烈なインパクト!

吉沢亮さんに、撮影の裏側についてchスタッフがお聞きしました!

取材:ch STAFF(関東) かな(高3)・まさみ(高3)
ヘアメイク:内山多加子(Commune)、スタイリスト:荒木大輔

斉木楠雄のΨ難

吉沢亮

心の中に持っていた中二病が炸裂!
海藤の動きの一つひとつにまでこだわった

 
▶ご自身も原作のファンだったとお聞きしたのですが、演じられていかがでしたか?

吉沢 『斉木楠雄のΨ難』は連載の1作目からずっと追ってきた作品で、その中でも一番好きなキャラが海藤だったので、めちゃくちゃ嬉しかったですね。プレッシャーも特になく、自分の中の海藤を演じて、ふざけ倒しました。

▶どこからどう見ても、完璧な中二病でした(笑)

吉沢 今までやってきた芝居の100倍くらいクサいテンションで芝居をしていました(笑)。止まる時にいちいち右足をちょっと上げたり、走っている時に肩を大きく揺らしてダサく見せたりと、こだわりました。

▶福田監督の現場はどんな感じなのですか?

吉沢 すごく楽しい現場です。福田監督は、おもしろいものにはすごい笑うし、つまらないものにはまったく反応しないすごく素直な方なので、ある意味怖いですけど、笑ってもらえた時には「よっしゃ!」と思うし、キャスト全員「監督を笑わせた者勝ち」という感じです。

斉木楠雄のΨ難,,吉沢亮,インタビュー

▶山﨑さんと何か現場で話されたエピソードなどがあれば教えてください!

吉沢 賢人とカツラを取り替えたりしました。僕が斉木のピンクのかつらとメガネをかけて、賢人が海藤の青いかつらをかぶって…。斉木も楽しそうでした(笑)

▶役の後、中二病キャラが抜けないということはなかったですか?

吉沢 僕、もとから中二病なので(笑)、自分の中から出している感じで、すごく楽でした。僕の小中学生の頃なんて、海藤みたいなもんですよ。「(『幽☆遊☆白書』の)霊丸出ないかな」ってふざけて指先に力をためてみたりしていましたし。

高校の文化祭では女装をしていた!?
吉沢亮さんの高校時代

 
▶高校生の頃はどんなキャラクターだったのですか?

吉沢 陰キャラでした。青春してるリア充なヤツらを陰で羨ましがっているような。

▶女の子が寄ってきたりしなかったですか!?

吉沢 寄って来なかったです。中学時代はめちゃくちゃモテたので、高校に入ったら相当モテるだろうと思っていたら、誰からも話しかけられなくて(笑)。仲の良い男子5、6人以外は誰も話しかけてこなかったくらいです。

▶その頃から将来は俳優になろうと思われていたんですか?

吉沢 高1の時に事務所には入ったのですが、その頃はこの仕事が全然好きじゃなくて俳優は辞めたいと思っていたんです。他に何か夢もなかったので続けていたんですけど。でも、今思うと、好きになれないのって本気でやっていないだけな気がします。自分で納得できるくらい全力でやれば、その仕事のおもしろさもちゃんとわかると思うし。その後19歳で初めて主演の舞台をさせていただいた時に、現場をまとめられず、お客さんも全然入らなくて。その時にこれまで経験したことのないくらい責任を感じたのがきっかけかもしれません。

▶高校時代の文化祭の思い出を教えてください!

吉沢 友だちと何人かでノリで女装しました。女子に制服のスカートを借りて、ギャルにメイクしてもらったので、ケバッケバになったんですけど(笑)。クラスの出し物では、ショートムービーを作りました。桃太郎をパロった、「キャベツ太郎」。お菓子の「キャベツ太郎」を食べたおじいちゃんとおばあちゃんが若返って、キャベツ太郎という子どもができるっていう。僕は若返ったおじいちゃん役で出たんですが、結構脚本もちゃんとしていて…懐かしいなぁ。

▶すごいユニークですね(笑)

吉沢 僕、ずっと青春らしいことしてきてなかったなぁと思ってたんですけど、今話してみると、意外と楽しんでますね(笑)

▶今高校生に戻れるとしたら何をしたいですか?

吉沢 適当なノリでバンドとかやりたいですね。ギターとか弾いて、文化祭でライブをしたり。高校生の頃ってちょっとしたことに感動したり、吸収力がすごくいい時期だと思うから、いろんな経験をして心を動かす練習をしていた方が良いと思います。恋愛もいっぱいして、いろんな人と付き合った方が良いですよ!

斉木楠雄のΨ難

  • 原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
  • 脚本・監督:福田雄一
  • 出演:山﨑賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、賀来賢人、他
  • 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=アスミック・エース

STORY 生まれながらにしてとんでもない超能力を与えられた高校生・斉木楠雄の切なる願いは、「普通に」生きること。しかし、斉木のクラスメイトは斉木に想いを寄せる妄想しまくりの美女・照橋心美を始め、“漆黒の翼”として謎の組織=ダークリユニオンと戦う中二病の海藤瞬など変なヤツらが勢ぞろい。そんな彼らが迎えた文化祭に、まさかの災難が降りかかる…!

10.21(土)全国公開

OFFICIAL WEBSITE

©麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

ch FILESでは、取材に参加してくれる高校生=「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26
斉木楠雄のΨ難,,吉沢亮,インタビュー