高校時代 “路上ライブ1000回” を達成した川嶋あいさんに聞く「夢を叶えるための目標の作り方」

川嶋あい,ch FILES

卒業の定番ソング『旅立ちの日に…』で知られる川嶋あいさん。

横浜で行われた進学イベントの中で開催されたch FILES公開インタビューでは、川嶋さんのこれまでの道のりに、会場の高校生一同、胸を打たれました!

取材:ch STAFF よしか(高3)・かな(高3)

インタビュー

川嶋あい

路上ライブ1,000回を目標に
渋谷で歌い続けた高校時代

▶まずは、ニューシングル『シンクロ』について教えてください!

久々のシングルなのですが、ミドル調のラブソングで、好きな人と同じ道を歩いていくのかどうかについて悶々と悩む女の子の感情を切り取っています。最後には好きな人を信じて歩いていこうという光を探し求めていくという内容になっています。

▶川嶋さんは、どんな高校時代でしたか?

私は高校1年生の終わりから、「路上ライブ1,000回」を目標にして、渋谷でずっと歌っていたので、放課後は一目散に渋谷駅に行って、春夏秋冬、ずっと歌い続けていました。私にとってはそれが部活みたいなものでした。

▶その大変さは私たちには想像もつかないです!

高校入学と同時に、歌手になるために福岡から上京したのですが、その時に入っていた事務所から東京に来て1ヶ月くらいですぐに解雇されてしまったんです。ただ、私の学校は芸能科がある学校で、芸能界で大活躍している子たちがたくさんいたので、みんなにはとても言えなくて。このまま福岡には帰れないしなぁと思いながらずっと悩んでいて、高1の終わりに渋谷でストリートミュージシャンを見たのがきっかけで、“これでもダメだったら諦めて福岡に帰ろう”という気持ちで始めました。当時女の子でストリートで歌っている子なんていなかったので、制服で歌う私をみんな不思議な目で見ていました。

▶高校生で一人暮らしの生活は大変じゃなかったですか!?

もう、毎日泣いていましたね! 寂しいのもあるし、自分だけが八方塞がりになっているようで、東京の街がとても冷たい街に感じてしまって。毎晩母と電話して、なんとか“明日も頑張ろう”と乗り越えてきた気がします。

▶夢を叶える上で、周りの人の支えってやっぱり大事なのでしょうか?

それは本当にそう思います。もちろん自分の強い意志や踏み出していく勇気も大事ですが、どこかで仲間や家族の存在が必要なんですよね。私の今のスタッフは、偶然路上ライブで出会って、レコード会社を興してくれて、私は今もそこに所属しているので、もうスタッフは家族ですし、TV番組の『あいのり』の主題歌を書かせていただくことになったのも、路上ライブを見てくださったプロデューサーさんとの出会いがきっかけです。

▶周りの人と何が違ったから、成功されたと思われますか?

何が違ったかはわからないですが、高校1年生の時に、夢に向かって何も踏み出せずにいて、悶々と挫折を味わっていた時期があったことが大きかったかもしれません。

いま進路に反対をされているなら
本気な想いを口に出して伝えてみて

▶夢を諦めようかなと思った時はありましたか?

諦めようと思ったのは、高校1年の挫折を味わった時と、高校2年の夏に、女手一つで育ててずっと私の夢を応援してくれていた母が亡くなった時でした。自分の道しるべがすべてなくなってしまったような気持ちになって。でも、その時に私を立ち上がらせてくれたのは、スタッフでした。天涯孤独になって家に引きこもっていたら何度も電話をくれたり、家を訪れてくれたりして。

▶夢を叶える時の目標の作り方ってありますか?

私は「路上ライブ1,000回」とか「CD手売り5,000枚」「渋谷公会堂でライブをする」など具体的な目標を作っていきました。もっと小さなことでも良いですし、具体的なものが良いと思います。メモすることも大切で、毎日小さな目標をメモして、できたらそれを消していったり。あとは大きな目標を書いて部屋に貼っておいたり。私は怠け者なので(笑)、自分に目標を課して自分を走らせるようにしました。

▶最後に、いま進路を反対されている子にアドバイスをお願いします!

何事も口に出さないと人にはわからないと思うんです。だからまずは、自分がどれほどやりたいのかという本気な想いを一生懸命伝えてみることは大切だと思います。口で言いにくければ手紙を書いてもいいですし。私は自分の思っていることを伝えるのが得意な方ではないので、スタッフと大事なミーティングをする時には、必ずメモ用紙に伝えたいことを書いておきます。あとは、頑張っている姿は、必ず人は見ていますから、その姿を見てもらう機会を増やしていけばいいと思います。

川嶋あい,ch FILES

川嶋あい

Ai Kawashima
シンガーソングライター。高校時代に目標を掲げ、渋谷にひとりで立ち続けた「路上ライブ1,000回」を達成し、路上で偶然TVプロデューサーと出会ったことがきっかけで、人気番組「あいのり」の主題歌を担当。中学時代に作曲した『旅立ちの日に…』は、卒業式の定番ソングとして幅広い世代に愛されている。

<Ai Kawashima 15th Anniversary Concert ~Timber Magic~>
8/20(日)Bunkamuraオーチャードホール

OFFICIAL WEBSITE

ch FILESでは、取材に参加してくれる「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26
川嶋あい,ch FILES