ロケ地・福岡に凱旋 『君の膵臓をたべたい』浜辺美波さん&北村匠海さん 替え玉エピソードも

君の膵臓をたべたい,浜辺美波,北村匠海,福岡,ch FILES

“泣ける小説”として口コミが広がり、「キミスイ」の愛称で若い世代から圧倒的な支持を得て発行部数200万部を突破したベストセラー小説を実写映画化した『君の膵臓をたべたい』。

主演の浜辺美波さん、北村匠海さんが今作のロケ地となった福岡に凱旋!

感涙の映画を観て、「キミスイ」ファンになったchスタッフがインタビューに挑戦☆

この夏、必見の映画『君の膵臓をたべたい』W主演:浜辺美波さん&北村匠海さんインタビュー

2017.08.08

映画『君の膵臓をたべたい』浜辺美波&北村匠海のサプライズ登場で石狩南高校が歓喜雀躍

2017.07.14

君の膵臓をたべたい

浜辺美波&北村匠海

……最初にこのタイトルを聞いた時、どんな風に思われましたか?

浜辺 衝撃的でこのタイトルからどんな物語が広がっているのか、まったく分かりませんでしたし、頭から離れませんでした。読み終えて、このインパクトのあるタイトルが、魅力のひとつだなと感じました。

北村 最初は衝撃的でした。でも良い意味で原作の表紙とのアンバランスさを感じていて、読み進めていくうちに美しく完結に向かっていき、読み終わった頃にはこの「君の膵臓をたべたい」という言葉が、僕の中では自然になっていました。

……桜良、【僕】それぞれの役に臨むにあたって気をつけたことは?

浜辺 原作や脚本を読んで感じた桜良ちゃんのイメージは、まぶしくて皆に愛されている理想過ぎるような女の子だったので、それをできるだけ表現したいと思いました。膵臓の病を忘れるくらい楽しむような笑顔、逆に余命宣告され、死や恐怖に襲われる瞬間があることも忘れずに演じたいと思いました。

北村 【僕】の役は自分が中学生の頃に、他人との関わりで壁を作っていたような部分が似ていて。【僕】が桜良と出会って変わったように、音楽を始めてから僕も変わったんですけど、この映画の中で描かれている【僕】の成長を演じるときには、敢えて役を作り込み過ぎないようにということは心掛けました。

……お互いの最初の印象、それから共演して改めて感じた魅力を教えてください。

浜辺 最初は、桜良ちゃんに近いような好奇心旺盛で明るい方なのかなと思っていたら、現場でお会いするうちに、自分で【僕】に近いとおっしゃっている意味が分かりました。自分の世界観を持っていて、人との距離をあける感じが、私もどちらかというとそういうタイプだったので。丁度良い絶妙な距離感で撮影を過ごせたので嬉しかったです。

北村 桜良ってすごく天真爛漫な役ですが、美波ちゃんはすごく物静かで桜良とは真逆のようなタイプだったので、どう演じるのか楽しみでもありました。撮影が始まると桜良としての笑顔や天真爛漫さがあったので、すごいなと思いましたし、【僕】は桜良に振り回される役だったので、そこは引っ張ってもらいました。

……この作品には素敵な言葉がたくさん出てきますが、好きなセリフはなんですか?

浜辺 私は桜良ちゃんの『桜は散ったふりして咲き続けるんだって』というセリフがあって。桜良ちゃんが【僕】に対して弱音を吐くシーンですが、そんな時でも比喩表現で直接伝えることをしないのが桜良ちゃんらしいなと。この言葉にはいろんな想いが詰まっている気がして、演じていても、観ていても、心に残る言葉でした。

北村 【僕】のセリフで『病を抱えている桜良が悲しい顔を見せないのに、周りの人が悲しい顔をするのはお門違いだ』という言葉やその心情が印象的でした。桜良が亡くなって彼女のお母さんを前に涙するシーンでも『お門違いだと思いますが、泣いてもいいですか』というセリフに、【僕】の魅力を感じました。

……実際に出来上がった作品を観ての感想はいかがでしたか?

北村 【僕】が桜良と出会って変わっていき、ある出来事で時が止まってしまうんですが、小栗さんが【僕】を演じられた現在パートに移り変わり、桜良の想いを知って一歩前に進んでいくストーリーの中で、病気を抱えてもなお周りを明るく照らし続けるひまわりのような桜良の存在に、誰もが彼女を好きになるだろうなと思いました。この映画のメッセー
ジみたいなものが、すべて桜良に詰まっているような気がしたし、自分も泣けたので自信
を持って『良い映画です』と言える作品になりました」

浜辺 私も泣いて感動しましたし、そんな作品に携わることができて色んな方に感謝の気持ちが湧いてきました。1 2年後の現在パートは現場で拝見していなかったので、スクリーンで完成したものを初めて観させていただいて、それぞれの想いや、桜良の存在が皆の中で生き続けていたことが演じた身としても、すごく嬉しかったです。

……ご自身に変化はありましたか?

浜辺 私は季節の移り変わりが美しいなって感じるようになりました。桜や紅葉の美しさ、咲いている花の匂いとか、何気ない風景の大切さを実感しました。

北村 僕はやりたいことをやろうと思いました。劇中に“ やりたいことリスト”が出ますが、改めてやりたいことをやらないともったいないなって。だから今まで以上に自分の趣味が楽しくなりました。

……小栗旬さんと北川景子さんが、12年後の【僕】と恭子を演じられた現在パートをご覧になってどう感じましたか?

浜辺 原作にはない1 2年後でしたが、それがあることで感動がより深まりましたし、映画として幅広い方に楽しんでいただける作品になったのは、この現在パートがあるからだ思いました。

北村 小栗さんは小学生の頃から関わりがあったので同じ役を演じられて嬉しかったですし、先輩方のお芝居って改めてすごいなと思いました。1 2年後を演じられた小栗さん、北川さんの存在があるからこそ、奥行きのある映画になったと思います。

……福岡のシーンがとても多くて嬉しかったです。福岡で一番印象に残っているシーンは?

北村 福岡は大好きな場所で、ラーメンが美味しかったという印象です。美波ちゃんは病気を患っている役なので、あまり食べられない中、僕は替え玉を2つ食べるほどの大食漢ぶりを発揮しました(笑)。

浜辺 私も屋台のラーメンです。隣で替え玉していたのもありますけど、次はお腹いっぱい食べたいです(笑)。

……現役の高校生へ本作を通じてのメッセージをお願いします。

北村 もうすぐ20歳になりますが、今でも高校生の頃に戻りたいなと思っていて。すごく楽しい3年間でした。その頃は早く大人になりたいとも思っていましたが、この映画を観て、授業やテスト、体育祭や文化祭などの行事も含め、貴重な時間なんだと改めて実感してもらえると嬉しいです。

浜辺 私も高校生ですが、高校生の夏休みは思い出に残る貴重な時間だと思うので、大切な人と一緒に観に来ていただいて、1日1日を過ごすスパイスや彩りを足していただけたら嬉しいです。高校生だからこそ何かしらを感じて響く作品ですので、ぜひご覧ください。

この夏、必見の映画『君の膵臓をたべたい』W主演:浜辺美波さん&北村匠海さんインタビュー

2017.08.08

映画『君の膵臓をたべたい』浜辺美波&北村匠海のサプライズ登場で石狩南高校が歓喜雀躍

2017.07.14

君の膵臓をたべたい

  • 原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)
  • 監督:月川 翔
  • 出演:浜辺美波 北村匠海 大友花恋 矢本悠馬 桜田通 森下大地/上地雄輔 北川景子/小栗旬
  • 主題歌:Mr.children「himawari」(TOY’S FACTORY)
  • 配給:東宝

STORY 高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく―。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた―。
そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人―。

7.28(金)全国公開

OFFICIAL WEBSITE

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社/p>

取材を終えて

君の膵臓をたべたい,浜辺美波,北村匠海,福岡,ch FILES

浜辺さんは、役柄とは裏腹にどちらかというと【僕】のようなキャラクターに驚きました。北村さんは、ジョークを交えとても自然体な方で、本当に素敵なおふたりでした☆ (ももか 高3)

とても素敵な時間でした! 大好きな作品なので、おふたりが目の前にいる光景が信じられませんでした。役に対する情熱がすごかったし、福岡エピソードもいただいて地元として嬉しかったです。もう一度、映画館でキミスイを観たいと思います!(まっしゅ 高2)

自身の役から刺激を受けたお話や、作品に強い想いが込められていることを直接おうかがいできて、改めて素晴らしい映画だなと感じました。落ち着いた雰囲気でとても同世代には見えないほどのオーラがあるけど、優しさも伝わる素敵なおふたりでした。(なな 高3)

ch FILESでは、取材に参加してくれる高校生=「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26
君の膵臓をたべたい,浜辺美波,北村匠海,福岡,ch FILES