「激しく後悔している」“竹原ピストル” 命名秘話 高校生のアドバイスで改名しないことに決定!?

竹原ピストル,ch FILES,高校生

NEWアルバム『PEACE OUT』を4月にリリースし、5月から年末まで全国弾き語りツアー中の竹原ピストルさん。

音楽に対する熱い想いや、“竹原ピストル”命名秘話などchスタッフがインタビュー!

CM曲が耳から離れない 竹原ピストルさんから『よー、そこの若いの』へ 高校生インタビュー

2016.10.10

インタビュー

竹原ピストル

―アルバム『PEACE OUT』はどのような気持ちで作られたのでしょうか?

“PEACE OUT”というのは「ほんじゃあね」というお別れの挨拶らしくて。僕は2、30人入ればいっぱいになってしまうような小さなお店を全国津々浦々ずっと周っていたんです。それも楽しくて有意義な時間だったけど、一つの事柄を頑張って続けている以上は上を目指したいなと思ったんです。もっと大きな会場でたくさんのお客さんに聴いてもらえるような活動をしたいなと。だから、今までお世話になった小さいお店のマスターやママさんに「次のステップに行くために頑張ろうと思うので、しばらくは歌いに来れないかもしれません。今日の日は、さよなら!」という気持ちで作りました。このアルバムで今までの活動に一区切りをつけて、新たに次の段階へ頑張ろうという思いですね。だからお別れの歌が多かったりします。

―4曲目の『ママさんそう言った~Hokkaido days~』は、道場破り的な歌詞が印象的で、これまでの思い出が詰まっているように感じました。これは実話ですか?

実話です。でも歌詞を見ると生意気そうな言い回しが多いけど、実際はそんな人間じゃなかったです(笑)。僕は北海道で野狐禅(やこぜん)という2人組で音楽活動を始めて、北海道にプロのアーティストさんが歌いに来るという情報をキャッチしたら、ライブ会場のお店に1曲でも2曲でもいいので前座で歌わせてくださいとお願いして、ステージの機会をいただくという活動を大事にしていたんです。「よっしゃ行ってこい!ぎゃふんと言わしてやれ!」と言ってステージに送り出してくれた店のマスターやママさんに「貴方たちが育てた竹原ピストルがこんなに活躍していますよ」と、いつか恩返ししたいなと思っていて。ノックアウトとか言葉選びはボクシングをしていたので、どうしても多くなっちゃいますね。

―6曲目の『一等賞』は、“あの一瞬”や“君とお揃いにした口癖”などの歌詞が使われますが、誰に向けたものなのか気になります!

競馬中継をするテレビ番組のテーマソングのオーディションに出して落ちた曲です(笑)。競走馬をイメージして書いて、ちょっと照れくさいんだけどカップルとか親友とかって2人にしか分からない合言葉のようなものが生まれたりするでしょ?そういう絆の表れみたいなものを歌詞に入れています。…高校生にそんなに真っ直ぐに見つめられると嘘つけないから、正直に言うと昔の彼女との思い出を書きました!濁した言い方よくないなって今思った(笑)!

―“ピストル”という名前から攻撃的な曲が多いのかなと思ったのですが、実際には背中を押される曲ばかりで驚きました。インパクトのある名前はどのように付けたのでしょうか?

高校生の時、親友に僕がミュージシャンとして将来世に出たときのために、何かカッコイイ名前を考えてくれないかとお願いして考えてくれたのがこの名前で、友人曰く意味は無いんだって。ただ響きが良いんじゃないかって。じゃあそれでデビューするねって約束していたなと思ってこの名前にしました。でも40歳になって激しく後悔しています(笑)。それこそ攻撃的な歌を歌うんじゃないかってイメージを抱かせてしまうのもマイナスと言えばマイナスだから。でも、少年時代からの愛着がある名前なので…うーん…どう思いますか?

―そのギャップが逆に良いと思います!

じゃあ、ずっとこのままにします! 決定で。ありがとうございます(笑)。

―高校生にメッセージをお願いします!

僕は子供の時からの夢を曲りなりにも持ち続けて、プロのミュージシャンになったけど、まだ何をやろうか将来の夢が定められない人もたくさんいると思うんです。友達と遊んでいたりテレビを見ている時に「これって楽しいんじゃないか」って閃いたら、まずは行動して何でもチャレンジすると良いんじゃないかなと思います。それがダメだったら、また違うものを探してもいいと思うんです。一つの夢を持ち続けて、それに向かって頑張るのも素晴らしいことだけど、挑戦し続けて潔く「これは違うな」と認めることも、全然格好悪いことじゃない。いろんなことに挑戦してください。

―全国弾き語りツアーも楽しみです!

東京を除くとしたら年間で一番歌いに来る回数が多いのが名古屋です。いろいろな経験をさせてもらって、楽しい思い出もたくさんありますし、成長させてもらった土地という認識があります。名古屋で磨いた実力をというと出来すぎていますが、東海エリアの皆さんに昨年より成長した姿を観てもらえると良いなと思います。

CM曲が耳から離れない 竹原ピストルさんから『よー、そこの若いの』へ 高校生インタビュー

2016.10.10

竹原ピストル

CMソングとして話題になった『よー、そこの若いの』で若い世代にも広く知られ、唯一無二の音楽性が高い評価を受けている。松本人志監督作品『さや侍』への出演や、西川美和監督最新作『永い言い訳』では第90回キネマ旬報ベストテン助演男優賞や第40回目日本アカデミー賞優秀助演男優賞に選出されるなど、俳優としても活躍している。

全国弾き語りツアー”PEACE OUT”
supported by 住友生命 「1UP」

8/15(火)千葉県 千葉ANGA SOLD OUT
8/16(水)群馬県 高崎club FLEEZ SOLD OUT
8/26(土)茨城県 水戸NINETY EAST SOLD OUT
8/27(日)栃木県 宇都宮HELLO DOLLY SOLD OUT
8/29(火)沖縄県 宜野湾ヒューマンステージ
8/30(水)沖縄県 桜坂セントラル
9/6(水) 長崎県 長崎DRUM Be-7
9/7(木) 佐賀県 佐賀GEILS SOLD OUT
9/9(土) 熊本県 熊本B.9V1 SOLD OUT
9/10(日)大分県 DRUM Be-0 SOLD OUT
9/12(火)宮崎県 宮崎SR-BOX SOLD OUT
9/13(水)鹿児島県 鹿児島CAPARVO
9/15(金)鹿児島県 奄美ASIVI
9/26(火)愛媛県 松山サロンキティ SOLD OUT
9/27(水)高知県 高知X-pt. SOLD OUT
9/29(金)香川県 高松DIME SOLD OUT
9/30(土)徳島県 徳島club GRINDHOUSE SOLD OUT
12/8(金)愛知県 名古屋DIAMOND HAL SOLD OUT
12/10(日)大阪府 大阪Zepp Namba
12/12(火)福岡県 福岡IMSホール SOLD OUT
12/14(木)北海道 札幌PENNY LANE 24 SOLD OUT
12/22(金)東京 中野サンプラザ

OFFICIAL WEBSITE

取材を終えて…

本当に終始面白かったです! たくさんの質問1つ1つによく考えて丁寧に答えてくださって真面目な方だと思いました。また、故郷の北海道をとても大切にしていて、これまでお世話になった人の事を今でも忘れずに想っている姿からも心の優しさを感じました。(きょんきょん 高3)

心に届く曲を歌う竹原さん。優しさが滲み出ていて緊張せずにインタビューすることが出来ました! 取材の翌日がMステ初登場と聞いて凄くワクワクしました!(さき 高3)

幼い頃からアーティストを目指していたという竹原さん。同級生やインディーズ時代にお世話になった人達など、今まで関わってきた人への感謝の気持ちを忘れないという竹原さんの姿勢に私は感動しました。 真面目で努力家の”竹原ピストル”というアーティストを、もっとたくさんの人に知ってもらいたいです!(あめ 高3)

ch FILESでは、取材に参加してくれる「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26
竹原ピストル,ch FILES,高校生