俳優・向井理の祖母の手記を映画化した意欲作『いつまた、君と ~何日君再来~』 舞台挨拶レポ

いつまた、君と ~何日君再来~ 尾野真千子・向井理 chFILES 映画レポート 関西

向井さんのお祖母様が書かれた手記を卒寿のお祝いに自費出版して家族や親戚が贈ったものを、向井さん自ら7年の歳月をかけて企画した意欲作。

祖母役の尾野真千子さんと自らも祖父役を演じた向井理さんが大阪での舞台挨拶に登壇!

湧き上がった夫婦トークをchスタッフがレポートします!

Report

『いつまた、君と ~何日君再来~』舞台挨拶

始めっから泣いて
高畑充希ちゃんの歌でまた泣いて

司会 尾野さん、朋子さん役を演じられていかがでしたか?

尾野 この時代が大変だったということを朋子さんから学ばせてもらい、またその時代を知ることができたということが嬉しくて、向井君にお礼を言いたいと思いました。

司会 向井さん、お祖父様を演じられるにあたってどんなことを考えられましたか?

向井 会ったことがないので何も考えなかったですね。親戚以外はどう演じても違うって言う人もいないですし。

司会 なるほど。高畑充希さんが歌っていらっしゃる『何日君再来』は、“いつまた君と、いつの日か君と会えたらいいね”という内容の歌ですね。

尾野 泣きました。恥ずかしながらね。一緒に試写を見たんですけど、始めっから泣いて、最後の高畑充希ちゃんの歌でまた泣いて。恥ずかしいね。

向井 自分の映画でこんなに泣くのかとちょっと笑っちゃいました(笑)。昨年、朝ドラ『とと姉ちゃん』の撮影中に本作を撮っていて、その頃、高畑さんご本人が「すごい難しい歌でした」って言っていたんですが、完璧です。映画の余韻というより、ひとりの登場人物のようにエンディングで全てを包んでくれて。南京に行く前に、喫茶店で『何日君再来』のレコードがかかったという話を祖母から聞いて、どんな曲なんだろうと思い自分で調べたりしたのを思い出しましたね。

下半身を強化するために
近所の坂道をダッシュしています!

司会 朋子さんと吾郎さんは晩年大阪にいらっしゃったっていうことで大阪人としては親近感を持って見せていただきました。

向井 そうですね。亡くなったのは大阪ですね。

司会 尾野さんは関西のご出身ですね。

尾野 はい、奈良が実家なんで大阪に寄って帰るとかありますね。岸和田のだんじりを見に行ったりとか。でも私、18歳で東京に出たので大阪はそんな知らないんですよね。

向井 箕面は自然がいっぱいあっていいですよ。

尾野 一緒に行こう! 行こう!

司会 さて、映画のオフィシャルツイッターで募集した質問にお答えいただきたいのですが。向井さんのお祖父さんやお祖母さんの時代は踏ん張ることばかりだったと思いますが、おふたりが最近踏ん張ったことはありますか?

尾野 踏ん張るってねぇ、結構大変な事ですよね(会場笑)。この前、奈良の実家に車で帰ったんですよ。東京から。

司会・向井 ええっ!?

尾野 大好きなのよ、車が。でも、途中で眠たくなったりするんだけど、危ないからとりあえず、パーン(自分の頬を叩く仕草)、みたいな。これ踏ん張るって言うのかな(会場笑)

司会 なるほど。起きていようと踏ん張るわけですね。

向井 体育会系だねえ(会場笑)。僕は最近、走り込みを始めました。今後ちょっとハードな作品があるので下半身を強化させておこうと思って。それで近所の結構急な坂道をダッシュするんです。

司会 ほぉ~、踏ん張りますね!それでは、最後に一言ご挨拶をお願いします。

尾野 私はこの映画に出ることによって“向井理”の記憶の中に残る人にちょっとなれたのかなと思ったりもしています。是非、もう1回観てください。

向井 僕の家族だから特別ってわけではなく、みなさんの親だったり、祖父母だったり、この時代を懸命に生きた人たちがいたっていうことをすごく感じられる作品になったと思います。僕も含めて、少しでも多くの人に上の世代の人に対する敬意をもっともっと持たないといけないなと思いました。僕もそうですが、親元を離れてひとり暮らしをして家族の関係が希薄になっていく中で、親や祖父母の世代にどんなことがあったのか聞いてみるきっかけになればいいなと思います。残さないといけないものというのを本当に大事にしていきたいなと思ってこの映画を作りました。また、この作品がみなさんのファミリーヒストリーの一部になれば幸いです。今日はありがとうございました。

 
私たちが取材しました!

ch STAFF
さーちゃん
高1
戦後、日本が混乱している中で苦難を乗り越え明るく強く生きる家族の姿に感動。家族の絆を再認識することができました。
ch STAFF
チサパン
高3
どんな苦しい状況に陥っても笑顔で一緒に乗り越えようと支え合う夫婦愛、そして家族愛のメッセージを受け取りました!

いつまた、君と ~何日君再来~

  • 原作:芦村朋子「何日君再来」
  • 監督:深川栄洋
  • 出演:尾野真千子、向井 理、岸本加世子、駿河太郎、成田偉心/野際陽子、他
  • 企画:向井 理
  • 主題歌:「何日君再来」高畑充希(ワーナーミュージック・ジャパン)

STORY 81歳になった芦村朋子は、亡くなった夫・吾郎との思い出を手記として記録していたが、突然病に倒れてしまう。そんな朋子の代わりに、孫の理が『何日君再来』と題された祖母の手記をまとめていくことに。綴られていたのは、戦中・戦後の困難な時代を生きてきた朋子と吾郎の波乱の歴史と、深い絆で結ばれた夫婦と家族の愛の物語だった―。

6.24(土)全国公開

OFFICIAL WEBSITE

©2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

ch FILESでは、取材に参加してくれる高校生=「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26
いつまた、君と ~何日君再来~ 尾野真千子・向井理 chFILES 映画レポート 関西