『キンプリ』斉藤壮馬さん&永塚拓馬さん「役者としてもコンテンツとしても新しい作品 」

劇場版「KING OF PRISM –PRIDE the HERO-」 斉藤壮馬・永塚拓馬 chFILES 映画インタビュー

歌舞伎界のプリンセス・太刀花ユキノジョウ役の斉藤壮馬さん、ユキノジョウを師匠と呼び慕う男の子・西園寺レオ役の永塚拓馬さんに、話題の作品『劇場版「KING OF PRISM –PRIDE the HERO-」』についてchスタッフがお聞きしました!

劇場版「KING OF PRISM –PRIDE the HERO-」

斉藤壮馬・永塚拓馬

劇場版「KING OF PRISM –PRIDE the HERO-」 斉藤壮馬・永塚拓馬 chFILES 映画インタビュー

台本の厚さは前作の2倍!
『キンプリ』は新しい世界を開いた作品

▶本作の観どころを教えてください!

斉藤 とにかく“考えるな、感じろ!”という作品になっています。

永塚 プリズムジャンプがすごいことになってますよね。

斉藤 うん。アフレコで新しいプリズムジャンプを跳ぶシーンの時に、キャストから戸惑いを隠しきれない雰囲気が伝わってきました(笑)

永塚 前作『KING OF PRISM by PrettyRhythm』はキャラクター紹介の部分が多かったんですけど、今作はみんなが力を合わせて頑張っていく青春要素が増えています。

▶『キンプリ』への出演が決まった時の心境を教えてください。

永塚 オーディションだったんですけど、僕はレオくん以外にシンくんを受けていました。『キンプリ』に出演するまではシンくんやルヰくん系統のキャラクターを演じていたので、レオくんに決まった時は喜びもありつつ驚きもありました。いまはレオくん系統に進んでいるので、声優人生が変わったかもしれません。

斉藤 僕はオーディションでユキノジョウとシンとルヰを受けました。元々『プリティーリズム』シリーズにも出演させていただいていて、何としても出演したいなという思いがあったので決まった時は嬉しかったですし、他のキャストのみなさんがどんな方なのか聞いた時に、自分がユキノジョウを演じることはどういうことなのかをしっかり考えて臨まなくてはいけないなと思いました。

▶新作の制作が決定した時の心境はいかがでしたか?

永塚 きっと作ってくださるんだろうなっていうのは薄々感じていたので、「いよいよか!」と思いました。ただ、プレッシャーがすごく大きかったです。台本が前作の2倍の厚さだったので読む時はドキドキしましたし、緊張で収録の3日くらい前からご飯がのどを通らないこともあって、ちょっと痩せました(笑)

斉藤 キンプリダイエットだね(笑)。僕はみんなともっと掛け合いしたいなと思っていましたし、各キャラクターのバックボーンやどんな思いを抱いているのかをひとりずつ掘り下げられていなかったので、制作が決定した時は一視聴者として「次は僕たちに何を見せてくれるんだろう?」という気持ちがありました。

▶おふたりにとって『キンプリ』とはどんな作品ですか?

永塚 役者としても、コンテンツとしても新しい世界を開いた作品だと思います。前作がヒットしてからいろんなところで応援上映が開催されているので、市場に新しいコンテンツができたなと思いました。

斉藤 僕は演じる時に「このAのシーンからBのシーンに行くにはどういう気持ちの変化があるだろう」とか、「どういう流れがあれば成立させることができるだろう」と理詰めで考えるタイプなんですけど、『キンプリ』は論理的な部分もあるけど流れがつかめないところもあるんですよね。

永塚 「なんで電車でハリウッドに行くの?」とか、「なんでお風呂で重大な話してるの?」とか、例をあげたらきりがない (笑)

斉藤 でも視聴者側がすごく引き込まれるような画作りをされているなと思っていて、それは狙ってできることではないし、センスが必要だと思うので、本当に新しい作品が生まれたなと思います。

青春の煌めきは一度きり
いつかきっと花開くはず

▶作中では“プリズムの煌めき”がキーワードとなっていますが、おふたりが最近煌めきを感じた出来事はありますか?

永塚 試写会を観た時ですね。それまでは映画が完成した時にいただいたDVDを観ていたんですけど、改めて劇場で観た時に感情が爆発して最後は泣いてしまいました。

斉藤 僕は何があるかなぁ。(インタビュアーに対し)最近煌めきを感じたことはありますか?

▶好きな人ができました!

斉藤 おおー! いまこの瞬間、煌めきました!

▶おふたりの高校時代について教えてください。

永塚 僕は演劇部だったんですけど、授業より部活を優先していたので顧問によく「授業にはちゃんと出なさい」って言われていました。高校の授業って受験対策のような内容だったので、それなら家でやってもいいんじゃないかなっていう気がしていたので…。でも部活には全部行っていました。

斉藤 全力で打ち込めるものがある環境っていいよね。僕は学校が終わったらひとりで本屋さんに行って小説をジャケ買いして、家で読む生活をしていました。部活は放送部に入っていたんですけど、みんなで頑張ろう!ということはなく、僕はひとりで発声練習をしていたのであまり煌めいてなかったかもしれません(笑)。でもその時期にたくさん小説を読んだり映画を観たり、音楽を聴いたりアニメを見ていたからいまがあるのかなって思います。ぜひみなさんは一度しかない青春の煌めきを無駄にしないでください!

永塚 いま煌めけていない人も、いつか花開くと思います!

斉藤壮馬さん、永塚拓馬さんの
サイン入りプレスを
1名様にプレゼント!

劇場版「KING OF PRISM –PRIDE the HERO-」

  • 原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ
  • 監督:菱田正和
  • 出演:柿原徹也、前野智昭、増田俊樹、寺島惇太、斉藤壮馬、畠中祐、八代拓、五十嵐雅、永塚拓馬、内田雄馬、他
  • 配給:エイベックス・ピクチャーズ

STORY 昨年大ヒットとなった劇場アニメ作品『キンプリ』が煌めきを増して帰ってきた! Over The Rainbowのライブで見たプリズムショーに憧れ、エーデルローズに入学した一条シン。そこでは7人の新入生が未来のプリズムスタァになるべく学んでいた。しかしそこにシュワルツローズという対抗勢力が現れ、エーデルローズを解散の危機へ追い込んでいく…。

6.10(土)全国順次公開中

OFFICIAL WEBSITE

©T-ARTS/ syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ/ タツノコプロ/ キングオブプリズムPH製作委員会

ch FILESでは、取材に参加してくれる高校生=「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26
劇場版「KING OF PRISM –PRIDE the HERO-」 斉藤壮馬・永塚拓馬 chFILES 映画インタビュー