『帝一の國』日本縦断舞台挨拶ツアー|札幌で菅田将暉さんに課せられたミッションとサプライズ

映画『帝一の國』日本縦断舞台挨拶ツアー(札幌)

映画『帝一の國』公開を記念して4月30日から5月2日にかけて実施された、主演・菅田将暉さんと永井聡監督による日本縦断舞台挨拶ツアー。

5月1日に札幌シネマフロンティアで行われた舞台挨拶にchスタッフがレポーターとして参加しました!

帝一の國

日本縦断舞台挨拶ツアー(札幌)

この日の舞台挨拶は上映前に行われ、たくさんの歓声に包まれながら登場したおふたりは映画を楽しみにしている会場のみなさんに作品の魅力をたっぷり語ってくれました。

まず飛び出したのは永井監督からの撮影秘話。オープニングの撮影には当初600人のエキストラが来る予定だったのですが、撮影当日に雨が降った影響で200人も欠席してしまい現場は大騒ぎになったんだとか!

菅田さんは「共演したみんなとはすごく仲が良くて、初日の舞台挨拶の後に飲みに行きました。グループでSNSもやっていて、アイコンは監督の顔にしてるんですよ。撮影中には(野村)周平が(志尊)淳にめちゃくちゃキスとかハグしてたり、ギターを弾ける人が多かったので楽屋で演奏してたんですけど、外は撮影中だったのでスタッフさんにうるさい!って怒られたり(笑)」と、微笑ましいエピソードを披露。みなさんの仲の良さが伺えます。

実は共演者のみなさんから各地の舞台挨拶で行うミッションを課せられていた菅田さん。今回、竹内涼真さんからの「札幌ご当地グッズを探せ!」という、会場にいるお客さんの中から札幌にゆかりのあるご当地グッズをゲットするミッションが行われました。

菅田さんがゲットしたのは、おたる水族館で販売されているかわいいサメのマスコット。マスコットを持っていたお客さんとサイン入り映画グッズを交換し、そのマスコットはフォトセッションで菅田さんの手に握られていました。

さらに会場が盛り上がる出来事が!

永井監督の計らいで、菅田さんがauのCMソング『見たこともない景色』のワンフレーズを歌い上げ、会場からは大きな拍手と悲鳴に近い歓声が巻き起こりました。

最後に、「ポップでコメディな映画だけど、丁寧に作った真剣な作品です」と永井監督。そして菅田さんは「劇中はドロドロしているけどエンドロールの演出で全て吹っ飛びます!自信作なので、ぜひ広めていただきたいです」と力強くコメントし、別れを惜しむお客さんの熱い声援を受けながら会場をあとにしました。

帝一の國

  • 監督:永井 聡
  • 原作:「帝一の國」古屋兎丸(集英社ジャンプコミックス)
  • 出演:菅田将暉 野村周平 竹内涼真 間宮祥太朗 志尊淳 千葉雄大 /永野芽郁 吉田鋼太郎
  • 配給:東宝

STORY 全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「ライバルを全員蹴落として、必ずここでトップに立つ…そのためならなんでもする…どんな汚いことでも…。2年後の生徒会長選挙で優位に立つには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」。誰よりも早く動き始め、野望への第一歩を踏み出した帝一。待ち受けていたものは、想像を絶する罠と試練!友情と裏切り! 究極の格付けバトルロイヤル!いま、命がけの「生徒会選挙」が幕を開ける!!

4.29(土)全国公開

OFFICIAL WEBSITE

©2017フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

取材を終えて

ch STAFF
もえるん
高3
菅田さんが『見たこともない景色』を披露してくれたのは驚きました。初めて人前で歌ったと仰っていましたが、即興だったのにすごい上手で鳥肌がたちました!そして、おふたりがお話ししていた撮影現場のエピソードからみなさんの仲の良さが伝わって来て、キャストとスタッフの仲の良さもこの作品の魅力のひとつなんだなと感じました。
ch STAFF
はるの
高1
20分ほどの舞台挨拶でしたが、とても貴重な体験で夢のような時間でした。最後までお客さんに手を振りトークで笑わせてくれた菅田さん、裏話をしたり菅田さんの生歌を聴かせてくださって楽しませてくれた永井監督。本当に楽しかったです。映画は公開日に観ましたが、もう1回観に行きます!

ch FILESでは、取材に参加してくれる高校生=「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26
映画『帝一の國』日本縦断舞台挨拶ツアー(札幌)