イトヲカシ「真面目にやり続けていたら、いつか必ず順番が回ってくるという信念がある」

イトヲカシ ch FILES

ネットを中心に話題となり、全国路上ライブ総動員数3万人以上というイトヲカシが両A面シングル『さいごまで/カナデアイ』をリリース!

伊東歌詞太郎さんと宮田“レフティ”リョウさんにchスタッフがインタビューしました!

interview

イトヲカシ

ずっと音楽漬けの高校時代
自信はなかったけど
何度も壁を殴り続けた

―最新作『さいごまで』は、キットカットの受験生応援キャンペーンのために書き下ろされた応援歌ですが、どんな想いが込められていますか?

伊東 このお話をいただく前から僕らは受験生を応援したいという気持ちがあったんです。僕自身中学受験をした経験があるし、アルバイトで塾講師をしていたこともあるし、路上ライブに来てくれる中高生の受験生のファンの子たちからもいつも話を聞いているから、僕らなりに受験生の気持ちは理解してきたつもりで。だから、このお話を聞いた時には、“任せてくれ”という気持ちでしたね。

―路上ライブなら、ファンの顔や声がリアルに届きますよね!

伊東 路上ライブをしているとファンの方々がたくさん手紙をくれるんですが、親や先生には言えないような真剣な悩みも僕らには言ってくれたりして。みんないろんな重い悩みを抱えているんですよね。

宮田 僕らが高校生の頃と変わらない悩みもあれば、今はまた違う悩みもあると思うんです。今ってスマホで何でも調べられるから先に答えがわかっちゃうけど、僕らの頃って、わからないからできたこともあるんです。ダメージを負わない道を選ぶことで、逆に窮屈になっちゃうこともあるんじゃないかなと思います。苦労は買ってでもしろ、って言葉は本当だと思うから。

伊東 人間、やっぱり頭の中だけでは本当に痛みを知ることはできないですからね。

―おふたりは高校時代から一緒に音楽をされていたんですか?

伊東 中学2年の時に一緒に初めてバンドを組んだのですが、そのバンドが解散して、そこからは別々に活動していました。高校1年の頃、僕は、どうやってプロを目指して行こうかと考えた時に、ミュージカルがめちゃくちゃ好きだったので、“劇団に入れば歌が歌える!” と思って、とある劇団に入りました。全然間違っているんだけど(笑)。スカウトされたら入団金も要らないと聞いて、事務所の前を行ったり来たりしてスカウトされたんだけど、演技の練習ばかりで一向に歌の練習は始まらず…そこを1年で辞めて、ひとりで歌って、月に1回くらいいろんな大会に出ていました。

宮田 僕は、学校の軽音部はぬるいなと思っていたので、学校の外でバンドを組んで、週2、3回スタジオで練習して、ベースと20kgくらいあるヘッドアンプをゴロゴロ引いて学校に通っていました(笑)。バンド漬けの毎日でしたね。

真面目にやるのが
本当は一番カッコいい
夢があるなら追い続けてほしい

―高校時代、将来に悩むことはなかったですか?

伊東 高校時代が一番悩んでいたんじゃないかな。歌で食って生きたいとは思っていたけど、本当にその仕事に就けるのかはわからないし、不安だし。“オレは絶対いける”とは思っていたけど、それはガラスの自信で、虚勢を張って自分に言い聞かせていたように思います。

―今は自信はありますか?

伊東 今もその頃と地続きで、自信はまったくないですね。「自分はボーカリストで、歌うために生まれてきた」とは迷いなく言えるようになりましたが、新しい悩みは次から次に出てきます。ただ、高校時代は自分が自分を否定してしまっていたので、それが一番辛かったです。

宮田 僕もやりたいことが音楽、ということは定まっていたから、それに対する迷いはなかったですが、悩んでいたというか、がむしゃらにもがいていましたね。

伊東 僕たち、ライブでひとりもお客さんがいなかったこともあるし、「才能ない」とも1億回くらい言われてきたし(笑)。正直辞めた方が良いのかもしれないけど、“次もう一度壁を殴ったら、何か変わるんじゃないか、この壁は壊れるんじゃないか” って期待してもう一度殴ってみるんです。良い意味でアホだったのもあるし、僕、真面目にやり続けていたら、必ず順番が回ってくるという信念があるんです。それが明日かもしれないし、何年後か、何十年後かもしれないけど。特に学生の頃って、真面目にやるって周りからバカにされるけど、それは認めたくないからバカにしているだけだと思うから。本当は真面目にやるのが一番カッコいいに決まっています。だから夢があるなら、真面目に追い続けてほしいと思います。

お悩み相談室|イトヲカシ「音楽を本当に愛していれば、続けていく道はひとつではない」

2017.02.08

イトヲカシ|伊東歌詞太郎さん&宮田“レフティ”リョウさんに高校生インタビュー

2016.08.26

イトヲカシ

itowokashi
伊東歌詞太郎(Vo.)と宮田“レフティ”リョウ(B.&G.&Key.)による、ふたり組音楽ユニット。中学時代からの同級生で、中学時代に初めて一緒にバンドを結成。一度離れ、別々の音楽活動を経て’12年にイトヲカシを結成。インターネットでの音楽投稿や路上ライブなどで話題を呼び、動画総再生数は2,500万回以上、路上ライブ総動員数は異例の3万人以上を記録している。

ch LIVE 2017
3/27(月)札幌Sound Lab mole


さいごまで/カナデアイ
¥1,000(tax in)

OFFICIAL WEBSITE

ch FILESでは、取材に参加してくれる高校生=「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26
イトヲカシ ch FILES