『劇場版SAO』松岡禎丞さん・伊藤かな恵さん・竹達彩奈さん・伊藤智彦監督に高校生が直撃

『劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-』に出演の松岡禎丞さん、伊藤かな恵さん、竹達彩奈さん、そして伊藤智彦監督にchスタッフがインタビュー。

人気TVアニメ『SAO』シリーズの映画化が決定した時の心境や、作品の見どころについてお聞きしました!

interview

劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-

人間模様、丁寧な作画、細かな小ネタ…
伝えきれない観どころがたくさん!

―『SAO』の映画化が決まった時の心境はいかがでしたか?

松岡 自分の中でも映画化は待ち望んでいました。実際に映画の制作が進行している話を聞いた時は純粋に嬉しかったですね。

竹達 テレビシリーズが終わってまたリーファを演じたいなと思っていたので映画化はすごく嬉しかったですし、また『SAO』の世界に帰れるんだ!という気持ちになりました。

伊藤 私自身、テレビシリーズの時からずっと大きなスクリーンで観たいと思っていたので、お話が来た時は嬉しかったです。私が演じるユイちゃんはみんなより体が小さいので、大きなスクリーンでユイちゃんを見れるぞ!って、とても嬉しかったです。

監督 第2期をやっている最中にお偉いさんたちが映画化の話を進めていて、何をやるのかなとかどれくらい大変なんだろうってことが頭をかけめぐりました(笑)

―今作の観どころについて教えてください。

松岡 第1期から描かれていたキリトとアスナのふたりの仲が、また一段と深まっていきます。エイジやユナ、重村の敵なのか味方なのかわからない怪しさがあったり、アスナが少し大変なことになってしまったり、キリトとアスナがどのように苦難を乗り越えていくのかを観ていただきたいです。

竹達 作画の一つひとつが丁寧に描かれていて、キャラクターの動きだったり背景もすごくきれいなのが魅力だと思います。どのキャラクターも活き活きしていて、髪の毛一本一本がちゃんとあるんじゃないかと思ったり、目の光や豊かな感情が丁寧に描かれているところがすごく好きです!

伊藤 一言で言うのは難しいくらい、いろんな要素が詰まってます! いわゆる敵と呼ばれるキャラクターも、実は悪くないんじゃないかなという気持ちになれますし、どのキャラクターに心を寄せて観るかによって全然違う観方ができるような作品になっています。細かいところまでみなさんの愛が詰まっているので、いろいろなところに注目して小ネタを探しながら観ていただきたいです。

監督 ファンの人はかなり楽しんでもらえると思いつつ、作品のことをまだあまり知らない人でもわかりやすい内容になっていると思います。この作品をきっかけに、『SAO』という世界にハマっていただけたらといいなと思って作りました。

―劇場版になって演じる上で気をつけたことはありますか?

松岡 元々『SAO』はVRが題材になっているんですけど、仮想世界の中だと体が軽くなったり、実際には出来ないような動きが出来たりと人間の限界を超えられます。普通は電気信号が出て体を動かすまでになんらかのラグがありますが、仮想世界だとそのラグがなくなったり、痛みも感じませんから。今回はAR(拡張現実)が題材になっているので、何をするにも自分の体力に依存するし痛みもあります。なのでより現実的なお芝居という方向性でやらせていただきました。

竹達 劇場版になった時に、心のどこかで≪ALO≫のリーファの気持ちがすごく強く残ってることがあって、気を抜くとキリトへの恋心が出てきてしまう時がありました。でも実際はいろんなことを経てアスナとお兄ちゃん(キリト)を応援する立ち位置にいるんですよね。私は兄がふたりいるんですけど、私だったらお兄ちゃんとどうやって話すだろうって想像しながら、キリトへの恋心を抑え目にして妹っぽさを強めてアフレコに挑んだ記憶があります。

伊藤 ユイは劇場版だからといってテレビシリーズから変えることは特になく、パパ(キリト)とママ(アスナ)の娘でいられるときは娘でいて、サポートをする時はしっかり調べて説明をする。私はユイの天然なところが可愛いなと思っていて、劇場版でもみんなの前で秘密のことをうっかり言ってしまったり、パパとママの邪魔をうっかりしちゃう天然なユイの可愛さが伝わると良いなと思って演じました。

―最も描写に力を入れたポイントを教えてください。

監督 画面が大きくなるので単純にキャラのサイズを小さくすればいいということではなく、大きいサイズで観て満足できる絵をどう描いていこうかという試行錯誤をずっとしていました。

リアルな部分も描かれた
等身大の高校生に刺さる作品

―高校生に向けてメッセージをお願いします!

松岡 『オーディナル・スケール』は高校生が観た時に、これからの進路であったり未来の設計図を明確にしていかないといけないことがわかったり、キリトとアスナが未来に向かっていくプロセスがリアルに描かれてるので、共感していただけるのではないかと思います。例えば、彼女に「お母さんに会ってよ」って言われた時、高校生の君ならどうする? みたいな。

伊藤 高校生でね(笑)

監督 それは荷が重いね。

松岡 アスナのお母さんは怖いので(笑)。中途半端な気持ちで行くと「あなたは娘との将来をちゃんと考えてないのね」ということに繋がりかねないので、キリトは少しはぐらかしたり。だから等身大の高校生たちにすごく刺さると思います。

竹達 そこで逃げるあたりもリアルだよね。キリトくんは高校生で世界を救ったりしていてスケールがすごく大きいんです。たぶん本人は救おうと思ってやってるんじゃなくて、「アスナー!」って思ってやってるんだけど(笑)、結果的に周りを救っていてすごいと思います。キャラクター1人ひとりが頑張って生きている姿をスタッフの皆さんが丁寧に描いてくださったり、演者が一生懸命に演じているのが『SAO』の魅力なので、観終わった後には背中を押されるような、「私も頑張ろうかな」という気持ちになれる作品だと思っています。

伊藤 とにかく劇場に足を運んで観てもらいたいです!! 私は試写室のスクリーンで観させてもらったんですけど、始まってすぐに引き込まれて最初のバトルからひとりだけクライマックスになって泣きそうになるくらい画面から熱を感じるカッコいい作品ですし、人間模様も描かれているのでいろんなものを感じ取ってもらえるのかなと思います。私たちも楽屋で「あそこはああだったよね」って話が尽きないので、友だちと共有してもらいたいです。

監督 高校生の時ってなんでもできそうな感覚を持つと思います。僕が高校生の時に主人公が超強くて努力をしなくても世界を救うような話が流行っていたんですけど、そういう部分はありつつも実はキリトくんは努力をしているんですね。何もしなくても強いわけではなく、彼もいろいろ抱えていることがあるんだなと思いながら観ていただきたいです。

劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-

  • 原作:川原 礫(「電撃文庫」刊)
  • 監督:伊藤智彦
  • 出演:松岡禎丞、戸松遥、伊藤かな恵、竹達彩奈、他
  • 主題歌:LiSA『Catch the Moment』(アニプレックス)
  • 配給:アニプレックス

2.18(土)全国ロードショー

OFFICIAL WEBSITE

2©016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

取材を終えて

ch STAFF
北海道
ひなこ 高2
大好きな『SAO』について直接声優さんと監督さんから作品への思い入れ、制作の裏話などを伺えたとても貴重な時間でした。皆さんの『SAO』への愛情や熱が伝わってきて、もう一度違った目線で本作を楽しみたいと思いました!
ch STAFF
北海道
みく 高2
皆さんとても仲が良くて、素敵な時間を過ごせました! 裏話なども聞けて楽しかったです。「高校生にも共感していただけるんじゃないか」とおっしゃっていたので、ぜひ高校生のみんなにも観てもらいたいです。
ch STAFF
北海道
Rico 高3
緊張してしまいましたが、4人にインタビューができて光栄でした。高校生ならではの視点でキリトやアスナの感情を感じ取りながら、たくさんの人に『オーディナル・スケール』を観てほしいと思いました。

ch FILESでは、取材に参加してくれる高校生「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26