歌姫と一途男子のラブソングに感涙する高校生続出!『君と100回目の恋』福岡舞台挨拶

君と100回目の恋 舞台挨拶

彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとする彼、そして彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた彼女。そんなふたりの時を巡る純愛映画『君と100回目の恋』。

W主演のmiwaさん、坂口健太郎さんが公開前の福岡舞台挨拶に登壇! 撮影秘話から本作への想いを語ってくれました。

movie report

君と100回目の恋

……特にお気に入りの胸キュンシーンは?

miwa「やはり坂口くんが演じた陸の一途っぷりにキュンキュンすること間違いなしです。特におすすめは、海辺のシーンですね。陸が葵海の腕を引っ張って引き寄せるシーンは、キャーってなりますよ(笑)」

坂口「予告編にもある手のひらを重ねるシーンですね。手を絡めちゃうとやり過ぎなんだけど、重ねるぐらいの触れ方にドキッとする感じが良いです。重ねる…僕のフェチがだいぶ含まれていますけど(笑)」

miwa「台本ではそんなに手の大きさが変わらないセリフだったけど、坂口くんの手が予想以上に大きかったので、セリフ自体が丸ごと変わってしまったシーンです。坂口くんの手が大きいことにも注目してもらいたいです(笑)。でも坂口くんはこの映画でギターに初挑戦してたけど、指が長いので難しいコードも簡単に押さえられるので、羨ましかったです」

坂口「でもひとつのフレットに指3本で押さえるのは、手が大きすぎて苦労しました。曲作りのシーンとか普段僕らが目にしないアーティストさんの裏側のことは、彼女にアドバイスしてもらいました」

……アーティストとしての坂口さんの佇まいはいかがでしたか?

miwa「ずるいくらいかっこいいですね。背が高くて足も長いからギターを持つだけでも様になるのに、歌も歌ってその声が魅力的で…(横で照れる坂口を見て)ずるいな、と思いました(笑)」

君と100回目の恋 舞台挨拶
君と100回目の恋 舞台挨拶
 

……坂口さんの一途だなと思うところは?

miwa「玉子を食べ続けることですね。本当に一途で、好きな色も黄色だそうです(笑)。どんなに朝早かったり、夜遅かったりしても、毎日コンビニの袋から玉子を取り出して食べてましたよ(笑)」

坂口「本当に彼(玉子)は僕にとっての…」

miwa「彼なの!?(笑)」

……逆に坂口さんが思うmiwaさんの一途なところは?

坂口「歌詞作りですね。時間をかけて映画の物語を読んでいくような歌詞作りをしている彼女を見ていると、譲れないものがあるんだなと感じました。歌詞作りもそうだし、ライブのシーンも含め音楽に対する姿勢が一途ですね」

miwa「劇中バンドが奏でる「アイオクリ」は、映画では陸が曲を作って、葵海が歌詞を書いた設定になっていて、実際の曲作りも、曲をandropの内澤さんが作って、歌詞を私が書いたので、葵海としてより感情移入できた曲です。陸と一緒にいられるこの瞬間を、温かく幸せに感じている想いがギュッと詰まっています」

坂口「役の葵海と共通する部分がありました。カメラが回っていない時でも葵海に見えることがあったりして。もちろん葵海役だったからかもしれないけど、陸としてお芝居をしている僕も、どこかで彼女を追いかけてしまう気になる存在になっていました」

……最後にメッセージをお願いします。

miwa「この映画は私にとって初めての武道館や紅白歌合戦出場という自分のターニングポイントと同じくらい大切な作品になりました。主題歌や劇中歌、そして葵海という役を通して、今この瞬間を生きる意味や、傍にいてくれる人への想いとか、人として一番大切なことを教えてもらえたような気がします。皆さんもきっと同じ気持ちになってもらえると思うのでぜひ劇場でご覧ください!」

『君と100回目の恋』主演 miwaさん|進路に悩んだ高校時代、胸に残った先生の言葉

2017.02.03

miwa&坂口健太郎 W主演『君と100回目の恋』試写レポ 高校生が挙げる6つのポイント

2017.02.02

君と100回目の恋

  • 監督:月川翔
  • 脚本:大島里美
  • 出演:miwa 坂口健太郎
    竜星 涼 真野恵里菜 泉澤祐希 太田莉菜 大石吾朗 堀内敬子/田辺誠一
  • 主題歌:「君と100回目の恋」(Sony Music Records)
  • 劇中歌:「アイオクリ」(Sony Music Records)
  • 配給:アスミック・エース

STORY 7月31日、誕生日の夜。ライブがうまくいかず落ち込む葵海は事故にあってしまう。しかし、気が付くと葵海は教室にいた。日付は事故の1週間前―。動揺する葵海に、お互いに好きな想いをなかなか伝えられずにいるバンド仲間であり幼なじみの陸が言う。「秘密を教える。俺、時間を戻せる。」葵海の運命を変えるため、陸は時間を遡れるレコードを使い、何度も時を戻していたのだ。「運命を変えられた。葵海はもう死なない。絶対に」想いが通じ合った二人は、恋人として日々をやり直すため1年前に戻る。そして、あの事故の日に失敗したライブをやり直すため、特別なラブソングの製作にとりかかる二人。「お前がどれだけ先走って転びそうになっても、俺がもっと先にいて、お前のこと守るから。」しかし、周囲が羨むカップルとして幸せな日々を送る葵海と陸だったが、陸のタイムリープには葵海への一途な想いとともに重大な秘密が隠されていた―。「葵海のいない未来なんて、俺には意味がない」陸が自分の未来をかけて自分を愛していることを知る葵海に、再び7月31日がやってくる―。

全国公開中

OFFICIAL WEBSITE

©2017「君と100回目の恋」製作委員会

取材を終えて

ch STAFF
塚本健太
高2
好き同士なのに運命に翻弄される2人が温かくも切ない! 最後の「アイオクリ」は歌詞が深くて心に響きます! 海辺や手のひらを合わせるシーンは必見!生の二人にお会いして本当に100回観に行きたくなりました!
ch STAFF
とぅー
高2
生のmiwaちゃんを見て、さらに愛が増しました♥ 坂口くんは身長も高くて男らしく、もう惚れ放題 (笑)。映画も一つの曲で嬉しくなったり、悲しくなったり音楽が生み出す力は最強! 後半は涙が止まりません!
ch STAFF
ゆり
高2
映画も生の2人もヤバイです! miwaちゃんはきれいな声で明るくて最高☆ 映画のドキドキとキュンキュンと同じくらい貴重な体験でした! 陸と葵海が想い合う気持ちが切なく交差する絶対に心に突き刺さる映画です!

ch FILESでは、取材に参加してくれる高校生=「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26
君と100回目の恋 舞台挨拶