小学生からの夢が実現! テレビ局で「映像編集」の仕事をしている “K先輩” を職場訪問

カメラマンが撮影した映像を、視聴者が見やすいように編集を行うスペシャリスト“映像編集”。

経専音楽放送芸術専門学校を卒業し、テレビ局の映像編集として働く荒井夏乃さんにchスタッフがインタビュー!

おしえて★K先輩 vol.09

映像編集

ch STAFF
ゆうだい
高3
おしえて
ください!

映像編集の
仕事って何をするの?

カメラマンが撮影した映像から番組で使用する部分だけを切り取り、放送時間に合わせて映像をつなぎ合わせるのが主なお仕事。

ただつなぐだけだと不自然になってしまうので、視聴者が見やすくわかりやすい内容になることを意識しなくてはなりません。

また、バラエティ番組でよく使われるテロップをタイミング良く挿入するセンスも必要とされます。

K先輩
荒井 夏乃
さん
今後の目標
いろいろなジャンルの
番組を任せられる
映像編集になる!

編集作業はもちろんパソコンを使います。30~40秒のVTRを作るために、約1時間30分の作業時間がかかるんだとか!

荒井さんは現在、報道のVTRを制作しています。報道は特に忙しい部署ですが、好きなことをお仕事にしている荒井さんは活き活きとしていました。

映像編集の前はADをされていた荒井さん。AD時代からスタッフパスのストラップにペンを挟んで持ち歩いているそうです。

【おまけ】HTBのマスコットキャラクターonちゃんと記念撮影☆

ch STAFF
てぃもか
高2
放送業界はとても
やりがいがありそう!

Q1 放送業界を目指した
きっかけは?

小学生の頃からチームナックスさんが好きで、放送業界に入れば会えると思ったんです(笑)。この業界に進むにはどうすればと考えた時にKEISENを知って今に至ります。

Q2 KEISENへの入学の
決め手を教えて!

まずは就職率が高かったことです。それからオープンキャンパスにも行ったのですが、他の学校よりも雰囲気が良くて、クオリティが一番高いなと思ったので入学を決めました。

Q3 KEISENでは
どんなことを学んだ?

映像を編集するソフトの操作方法やカメラの使い方、企画の作り方などを教わりました。その中で特に興味を持った分野を先生に質問していけば、どこまでも成長できます。

Q4 業界を目指す高校生に向けて
メッセージをお願いします

昔はなりたくてもなれないお仕事だと思っていましたが、諦めずに好きなことを追いかけたので私は実現できました。私にとってKEISENは夢を叶えられる場所です。

KEISENのココがオススメ!

K先輩
堀下 美里
さん
どこまでも成長できる
KEISENは
夢を叶えられる場所!
  1. 楽しい授業がたくさん!

    特に楽しかったのはテレビ番組をみんなで一から制作する授業です。「キスマイBUSAIKU!?」のようなバラエティを作りました。

  2. 社会で必須なことがきちんと学べる

    専門的なこと以外に、社会人になった時に必要な礼儀作法を学べること。高校ではなかなか習わない分野なのでありがたいです。

  3. 専攻以外の分野の知識も持てる

    テレビ番組の専攻に入学しても、他に音響や照明の授業もあるのでエンタメ業界のいろいろな分野のことを知れます。

取材を終えて…

ch STAFF
ゆうだい
高3
1分弱の映像編集に1時間以上もかけると聞いて驚きました。僕も将来テレビ関係の仕事に就きたいと考えているので非常に良い経験になりました。
ch STAFF
てぃもか
高3
テレビ関係のお仕事は大変そうなイメージがありましたが、荒井さんのお話を聞いたり現場の雰囲気を見て私もアルバイトなどで経験してみたいと思いました!

 
映像編集の仕事や経専音楽放送芸術専門学校に興味を持った人はオープンキャンパスに参加しよう!

 
学校法人 経専学園
www.keisen-g.com
経専学園は音楽・放送・調理・製菓・医療事務・薬業・ホテル・ブライダル・旅行・エアライン・留学・動物・保育業界の人材育成専門学校を札幌に設置する学校法人です。高い業界評価が毎年高い就職率を実現しています。

札幌のライブハウス Sound Lab moleで音響スタッフとして働く「K先輩」を高校生が直撃

2016.09.20