『キセキ ―あの日のソビト―』劇中そのままの “グリーンボーイズ” 4人にインタビュー

GReeeeNの大ヒットソング『キセキ』誕生にまつわる、これまで知られていなかった奇跡の物語。

劇中そのままに和気あいあいとしたグリーンボーイズたち、菅田将暉さん、横浜流星さん、成田凌さん、杉野遥亮さんの4人にインタビュー!

キセキ ―あの日のソビト―|interview

グリーンボーイズ

家族や仲間とぶつかりながら
夢を追いかける姿を描いた青春映画

▶ 映画をご覧になった感想はいかがでしたか?

菅田 最近、こういう青春映画を観ていなかったな、と。地続きのところをみんなで走って行くような、気持ちの良い感じがしました。

横浜 ジンとヒデが家族や仲間とぶつかりながらも、もがき、夢を追いかける姿が、今夢に向かって頑張っている方々の背中を押せる作品になれば嬉しいです。

▶ 高校生の注目ポイントを教えてください!

菅田 これは歯医者と歌手というふたつの夢を追って、二兎追う者が二兎を得る物語なんです。嘘みたいな、でき過ぎた話ですが、全部真実です。だから、なぜそんなことができたのか、何が奇跡なのかという部分が響いてくれると嬉しいです。ひとつを叶えるだけでも大変なのに、彼らはふたつとも叶えていますから、“それなら自分もひとつくらいは叶えようぜ!”と思ってもらえたら嬉しいです。

▶ 映画の中の4人の雰囲気と実際の皆さんの雰囲気がとても似ていてびっくりしました!

成田 そうですね。ドキュメンタリーではないんですが、兼重監督は「慣れないうちに」が口癖で、あまり作り込まずにこの僕たちの空気感を撮ろうという感じでした。杉野がボケる感じとかね。

菅田 演じたキャラクターと僕らの性質がとても似ていて、クニ(成田凌)がまとめ役で、ソウ(杉野遥亮)がいじられキャラで、ナビ(横浜流星)が王子様という感じなんです。

杉野 現場に入ってから距離が縮まった部分もあって、菅田さんが現場にギターを持って来てくれたのが、ありがたかったです。

菅田 でも杉野はマネージャーに、(松坂)桃李くんと僕の優しさの違いを愚痴吐いてたらしいですよ。桃李くんは包み込んでくれる優しさだけど、僕の優しさは崖から突き落とす優しさだって(笑)

▶ジンやヒデが、厳しい医者のお父さんの望む道と自分との間で葛藤する姿は、進路に悩む自分たちに重なりました。皆さんは、将来のことに悩まれた時は、どうやって解決して来られましたか?

成田 僕は高校の頃は美容師になろうと思っていたので、大学と専門学校の選択肢は専門学校を選びました。その後はこの業界に入る道と会社に勤める道との選択肢がありましたが、スーツを着て会社に行っている自分が想像できず、こっちの道を選びました。

横浜 僕はずっと極真空手をやっていてK-1を目指していたので、中3の頃に高校でも極真を続けるか、この業界で頑張るかで悩みました。高校卒業の時にも親からは大学進学を言われていたのですが、ちょうど戦隊ものが終わった時で中途半端にしたくなかったので、自分の気持ちを話して、家族に相談した上で決めました。

菅田 流星って反抗期なかったの?

横浜 中学の時は思いっきり反抗期でした。でも一度ケンカしてオヤジを殴ろうとしたら、オヤジがめっちゃ強くて逆にボッコボコにされて、それ以来二度と手は出さないと決めました(笑)

杉野 僕は、やりたいことがあれば自分で決めます。人に相談したり意見は聞きますが、最終的には自分で思ったことをやらないと、後で後悔するのは嫌なので。

菅田 僕もほとんど人には話さないで、自分で決めます。僕の場合は、中学まではずっと先生になろうと思っていたのですが、高校生の時にスカウトされて事務所に入って、「仮面ライダー」のプロデューサーと出会って、というのがスタートだったので、役者を生業としようと決めたのはその後なんです。やりながらも“これなのかなぁ”っていうのはずっとあって。ただ、僕の家は劇中にとても似ていて、僕の家もオカンが天然で可愛い人でオヤジが厳格な天才だったから、オヤジとは距離があって会話も2秒が限界。「おは(よう)…」くらい(笑)。だから、ジンさんに共感するところはすごくありました。

読者プレゼント

キセキ ―あの日のソビト―

キセキ ―あの日のソビト―

  • 監督:兼重淳
  • 出演:松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、他
  • 主題歌:「ソビト」GReeeeN
  • 配給:東映

STORY 厳しい医師の父親の反対を押し切り、家を飛び出したミュージシャンの兄ジン。父の想いを受け継ぎ歯医者を目指す弟ヒデも、やがて音楽の魅力に引き寄せられていく。自分の音楽に挫折していたジンは、弟たちの才能を花開かせるべく、グリーンボーイズのプロデュースを買って出る。しかも、父親にバレないよう、顔出ししないという異例の方法で…。

1.28(土)全国ロードショー

OFFICIAL WEBSITE

©2017「キセキ ―あの日のソビト―』製作委員会

ch FILESでは、取材に参加してくれる高校生「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26