ONE☆DRAFT|頑張らなきゃ! っていうときの “栄養ドリンク” 的なアルバム 『スタートライン』

ONE☆DRAFT

ほとばしる情熱のメッセージと胸に刺さるメロディーと魂のパフォーマンスで注目を集めるONE☆DRAFTがニューアルバム『スタートライン』をリリース。

170キロ級のストレートな“ガチうた”が詰まった今作は夢を追いかけるch世代には必聴の1枚!

ONE☆DRAFT

……先日リリースされた7枚目のアルバム『スタートライン』ですが、このアルバムを通して伝えたかった想いを教えてください。

DJ MAKKI(以下M) 「 生きている中でスタートラインをきらなきゃいけない時ってたくさんあると思うんです。その時に聴いているみなさんの背中を押せるようなアルバムになっていればいいなという想いでアルバムのタイトル、1曲目に収録しています」

RYO(以下R) 「頑張らなきゃ!って言うときに聴いてもらえる栄養ドリンクみたいになって欲しいよね」

LANCE(以下L) 「移籍第一弾のアルバムなので、そういった意味での“スタートライン”という意味もあります」

……アルバムの中からみなさんが高校生にオススメする1曲を教えてください。

L 「高校生の気持ちが分かるのはMAKKIしかいないでしょ! 気持ちがまだ高校生だからね(笑)」

M 「俺!? シーンによって違うかな。ただバカ騒ぎしたいなら『フルフルスウィング』、ちょっと大人びた気持ちで聴きたい場合は『あいたくて』かな」

R 「『キミに恋するオレの唄』もいいよね。高校生だからカラオケに行くと思うから、彼氏に歌ってもらったらキュンキュンするんじゃないかな。あとは将来の夢も出てくる頃だと思うから『夢親孝行』もいいよね」

L「好きな曲は人によって違うし、共感するのも歌詞だけではないと思うから全部聴いてお気に入りの曲を見つけて欲しいな」

……来年でデビュー10周年ですが、10周年のプランなどは何か考えていますか?

R 「まだ何も考えていないですね。僕らはシンボルマークの蜂にちなんで“8”という数字を大切にしていて、昨年がまさに8周年のアニバーサリーイヤーだったんです。そこが落ち着いて、そして今このアルバムをリリースして、ツアーもあるのでまずはそれを終えてから次の10周年について考えるかな」

L 「まだ全然考えていないけど、10周年だしベストアルバムを出したりしたいよね」

M 「いいね!」

L 「今後もファンの子たちが選ぶベストアルバムとかをリリースすることができるぐらいキャリアを積めるアーティストになっていきたいな」

……みなさんは高校生のときどんな学生でしたか?

M 「僕たちは帝京高校の野球部にいたので、ほぼ365日練習をしていました。野球ばっかりやっていたので普通の高校生よりは遊んだりはできなかったかな」

L 「だからってスポーツばかりやっていた真面目な感じではなく、性格は基本的には全く変わってないよね(笑)」

R 「LANCEは昔からこんな感じだったので、何度とばっちりで一緒に怒られたことか(笑)。合宿でLANCEが騒いでいて俺本当に何もしていないのに」

L 「(笑)。周りを巻き込むタイプだったからね。昔から人を楽しませたりすることが好きだから、みんなを巻き込んで盛り上がりたくて。それが今だとライブに繋がっているかな」

……ch読者にメッセージをお願いします。

R 「俺たちは本当に野球ばっかりの高校生活だったから、みんなもやりたいことがあったら挑戦してほしいですね」

M 「部活だってそうだし、高校生の時にしかできないことってたくさんあるからね」

L 「そして、将来に向けてその中から本当にやりたいことや夢が出てきたときは諦めずに頑張って欲しいな」

ONE☆DRAFT


ワンドラフト

LANCE(MC&VOCAL)、RYO(VOCAL)、DJ MAKKI(DJ)からなる帝京高校野球部出身の同級生3人組。’07年、デビュー曲『フルサト』が07年USEN年間総合チャート5位を記録。日本テレビ系プロ野球中継のテーマ曲『情熱』や、週刊少年ジャンプの大人気漫画「銀魂」のEDテーマ『ワンダフルデイズ』など代表曲多数。今年、デビュー9年目にしてますます精力的に活動中のユニット。


スタートライン
¥3,000(tax in)
※now on sale

オフィシャルサイト

 
ch FILESでは、取材に参加してくれる「chスタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

ONE☆DRAFT