『溺れるナイフ』で映画初主演・小松菜奈さん 「不安定な夏芽の感情へ自然に導かれた」

溺れるナイフ 小松菜奈

映画『溺れるナイフ』に初主演する小松菜奈さんに、ch高校生スタッフがインタビュー!

高校時代のこと、お仕事への意識や映画への思いなどを通して、明るく行動派な素顔が感じられました。

★こちらもチェック!
 映画『溺れるナイフ』主演・菅田将暉さん “使命感”を感じられるものが欲しかった高校時代
 小松菜奈&菅田将暉で奇跡の映画化 『溺れるナイフ』 破裂しそうな10代の恋と衝動を描く

映画『溺れるナイフ』

小松菜奈

高校時代はチアリーディング部で
青春してました!

 
……高校時代はお仕事と学業は両立できていましたか?

すごく大変でしたが、文化祭とか体育祭にも参加してました。お仕事をしつつも、普通の友達と普通に遊んで、学校に通うっていう生活が私にはすごくかけがえのない時間でしたね。今では両立できてよかったなと思っています。

……部活などはされていましたか?

高2の時にチアリーディング部に入って青春してました! 地元のイベントに出たり、高校のサッカーや野球の応援に行ったりもしてたんですよ。

……ここからは映画『溺れるナイフ』についてお聞きします。今作は小松さん演じる夏芽が芸能活動をしている点など、ご自身に近いものがあると思いますが、役作りで大切にしたことは?

ちょっと不安定な部分もある夏芽の感情を大事にしたいなと思いました。でも、お芝居をする中で自分の感情が自然に動かされることもあって、夏芽の役を作り込んでいくというより、周りの人たちが導いてくれたという感じですね。

……共演されている菅田(将暉)さんや重岡(大毅)さんの印象は?

おふたりとも役柄にすごくピッタリだなと思いました。菅田さんにはコウちゃんみたいな不思議な魅力があるし、重岡さんはイケメンで笑顔が太陽みたいに明るくて。

溺れるナイフ

……夏芽はコウに対して、どストレートに想いを伝えていましたが、小松さんは恋愛に対して積極的ですか?

時と場合によりますけど(笑)、好きだったら好きって直接伝えますね。

……そのほかの部分で夏芽と似ているところは?

行動派なところは似ているかも。私は旅行が好きなので、思い立ったらひとりで海外に行ったりします。そこで自分自身や仕事のことも客観的になれるし、もっとがんばっていかなきゃ!っていう活力にもなりますね。

 

10代ならではの悩みや葛藤、愛
いろんなメッセージ性がある映画

 

……今作の中で小松さんが特に印象に残っているのはどのシーンですか?

夏芽とコウが自転車で2人乗りしてるシーンかな。映画の中では夏芽がコウちゃんをずっと追いかけてる感じが切ないけど、あそこは唯一、最大級にハッピーなシーンなんです。辛い場面もあったけど、お互い一緒に笑えているなって現場でも実感してましたね。

溺れるナイフ

……では、読者の高校生に向けてズバリ!この映画の魅力を教えてください。

この映画は10代ならではの悩みや葛藤が描かれていると思います。夏芽は都会から田舎に引っ越してきて、めまぐるしく環境が変わっていきます。若い時って自分の居場所を必死に探してたり、たくさんの人に出会っていろいろなことを吸収していく大事な時期だと思うんですよね。そういう熱いものが映像から感じられると思います。ちょっと違った形の愛の表現があったり、いろんなメッセージ性もあるので、ぜひ映画館で観ていただけたらうれしいです!

 

ch STAFF
関西
KIRA
高1
高校在学中、チアリーディング部に入っていたと伺って、活発に踊っている姿をイメージできず驚きました。映画の現場は明るく楽しかったなどいろいろ教えていただき、勉強になることが多かったです。
ch STAFF
関西
Izu
高2
圧巻のオーラを感じながら、お話を伺いました。ゆっくりと言葉を紡ぐお姿が印象的で、私ももう少し自分の美意識を見直してみようと思いました!
ch STAFF
関西
ゆうちゃん
高3
小顔! 足長っ! ハイウェストのパンツを穿いていらっしゃるのかと思いきや、そこが腰でした(笑)。そんな小松さん、高校生の時、お友だちと学校の食堂でポテトや唐揚げを食べていたので太っていたと楽しそうにお話されていた笑顔がかわいくて印象的でした。

 

溺れるナイフ

15歳の夏。東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽。退屈でウンザリするこの町で、夏芽は“閃光”のような彼、コウと出会ってしまう。やがてふたりは付き合い始め、「一緒にいれば無敵!」という予感に満たされる。しかし夏祭りの夜、全てを変える事件が起きるのだった。傷ついたふたりは、再び輝きを取り戻すことができるのか。未来への一歩を踏み出すために、いま、ふたりが下す決断とは―。

  • 監督:山戸結希
  • 原作:ジョージ朝倉『溺れるナイフ』(講談社「別フレKC」刊)
  • 出演:小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、他
11.5(土)全国公開

映画オフィシャルサイト

©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会

 


 
ch FILES/U-18では、取材に参加してくれる「ch高校生スタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

溺れるナイフ 小松菜奈