大学、就活、SNS、友だちとの関係…映画を観て感じたこと|大学生×高校生 『何者』座談会

何者 座談会

ベストセラー原作や豪華キャストの共演で話題の映画『何者』は、高校生にとって身近なことや将来のことなど、気になるテーマもたくさん!

そこで、作品をいち早く鑑賞した大学生とch高校生スタッフによる座談会を企画しました。

映画を観る前に、そして観た後にも、読めばきっと共感できるはず!

北海道大学4年 中村大知さん
chスタッフ ひなこ(高2)/りこ(高3)/きゃほみん(高1)

 
★こちらもチェック!
「SNSでの自意識を考えるきっかけに」 映画 『何者』 三浦大輔監督に高校生インタビュー

映画『何者』

大学生×高校生 座談会

就職活動とSNS、
大学生の人間関係…

 
ひなこ(高2) 就活ってどんなことするかわからなかったので、『何者』を観てとても辛そうだと感じました。大学生の人間関係もリアルで、上手く表現されてるなと思いました。

きゃほみん(高1) 私も人間関係がすごくリアルに描かれていると思って、最初は友だちだったのに、内定が決まると関係性が悪くなっていって…私は就活よりも人間関係の闇の部分が印象に残っています。

リコ(高3) 自分の知らなかった就活の様子を知って、世の中は甘くないんだなって思ったし、人間関係のぶつかり合いとかも厳しいなと思ったし、この映画を観てたくさん考えさせられました。

中村(北海道大学) 就活についてはあれが現実に近くて、わりとみんなきつい思いをしてやっています。大学生のリアルがうまく描かれていたと思います。

きゃほみん 私はまだ高校生でいたいって思いました(笑)

ひなこ 就活は大変そうだけど普通にサークル入ったりしてみんなで遊んだり、そういうシーンもちゃんとあったので、大学生への憧れは変わりませんでした。

中村 大学は楽しいですよ。高校より10倍か20倍ぐらい(笑)。高校生の時って、何時までに帰らなきゃいけないとか、休日遊びに行くにもあまり遠くへ行けなかったりするけど、大学生になると時間割というものがなくて自分で授業も組めるし、自分の好きなことで自分の時間を使えるようになる。それに大学にはたくさんの人がいるから、映画と同じく「達観先輩系男子」とか「空想クリエイター系男子」もいっぱいいて(笑)。客観的に見てみるとすごくおもしろい。

佐藤健 拓人@_冷静分析系男子 面接の1分間は、ツイッターの 140字のようなもの

佐藤健
拓人@_冷静分析系男子
面接の1分間は、ツイッターの
140字のようなもの

有村架純 瑞月@_地道素直系女子 拓人くんの分析って 説得力あるよね

有村架純
瑞月@_地道素直系女子
拓人くんの分析って
説得力あるよね

二階堂ふみ 理香@_意識高い系女子 私は即戦力でバリバリ働ける ところがいいな

二階堂ふみ
理香@_意識高い系女子
私は即戦力でバリバリ働ける
ところがいいな

 
ひなこ 映画に登場する大学生たちのツイッターの使い方もリアルで、自分自身のことも考えさせられました。

中村 本人に直接言えればいいんだけど、なかなかズバッと言えないこともあるよね。だからツイッターに書いてしまう気持ちもわかるけど…。

ひなこ ツイッターでのトラブルって実際起こっていて、悪口を言われた人はすごく落ち込んで、その人をかばうと、かばった人も嫌がらせを受けたり…。そういうことをする人たちが、この映画を観て気づいてくれるといいんだけど…。でもそういう人も実際に会うと悪い人ではなかったりして…。

きゃほみん 登場人物の中では、私は「空想クリエイター系男子」の岡田将生くんの役が苦手なタイプで、自分を貫くのはいいと思うんですけど…。

菅田将暉 光太郎@_天真爛漫系男子 俺ら、付き合うことに なってさ…

菅田将暉
光太郎@_天真爛漫系男子
俺ら、付き合うことに
なってさ…

岡田将生 隆良@_空想クリエイター系男子 …俺は流されたくないんだよね… 俺は俺で生きていたいから

岡田将生
隆良@_空想クリエイター系男子
…俺は流されたくないんだよね…
俺は俺で生きていたいから

山田孝之 サワ先輩@_達観先輩系男子 おまえこそ、もっと 想像力ある奴だと思ってたよ

山田孝之
サワ先輩@_達観先輩系男子
おまえこそ、もっと
想像力ある奴だと思ってたよ

 

中村 映画の登場人物はみんな尖ってるから、「空想クリエイター系」とか「意識高い系」ってわかりやすく断定されてるけど、それぞれいろんな要素を持ってると思うんですよ。もし自分を登場人物に例えるなら、僕は菅田将暉さんの「天真爛漫系」ですね(笑)。

きゃほみん 私も「天真爛漫系」です(笑)。

ひなこ 有村架純ちゃんの「地道素直系女子」かなぁ?

リコ 私もやっぱり「地道素直系」ですかね(笑)。一番近いかなと思って。「意識高い系」は実際に自分の周りにいたら嫌かもしれないです(笑)。自分の話を途中で遮られたりしたら嫌です。

中村 心のスタンスだと思うんですけど、例えば普段生活していて嫌な人っているじゃないですか。だけど人間としてちゃんと接してみると、そこまで嫌な人じゃないなって思える。でもちゃんと接しているふりをして、ツイッターとかで悪く言うのは、人間として見てないってことだから、そこまでいくと僕の中では悪い人になるかな。この映画って就活やSNSだけじゃなく、人との付き合い方とか深い部分でもとても勉強になるから、たくさんの人に観てほしいよね。

きゃほみん 三浦大輔監督へのインタビューでもおっしゃっていましたが、高校生にとってはもう日常的になっているSNSの価値観について、一度立ち止まって考えるきっかけになる映画だと思います。

ひなこ でも難しく考えなくても、わたしは好きな俳優さんが出てたのが理由で試写会に参加しようと思ったので、豪華キャストの共演を楽しむつもりで気軽に観てもらえばいいと思います。

リコ わたしも予告編を観て「おもしろそう」って気になって、実際に観てみたら役者さんの演技がいいし、リアルと演劇の融合みたいなストーリーもおもしろかったです。

中村 大学生の仲良く楽しい瞬間も描かれているし、ひとりひとりの世界観みたいなものがちゃんとあって、最後になって全体をフォーカスできるような個人的ストーリーがあったのもよかったよね。

nanimono_zadankai_sub1 nanimono_zadankai_sub2

 

ch STAFF
北海道
ひなこ
高2
同年代の高校生と大学生で、映画『何者』の内容を掘り下げて、楽しく時に真剣に語ることができてとても良い体験になりました! SNSや人間関係について、あらためて考える良い機会になったと思います。皆さんも映画を観て、いっぱい考えたり話し合ったりしてください!
ch STAFF
北海道
リコ
高3
北大生の方と映画について語ったり、大学生活についてもお話を聞くことができて、やっぱり大学生は楽しそうだなあと感じました。ツイッターについても、こんなにちゃんと皆の意見を知る機会はなかなかないのでよかったです。
ch STAFF
北海道
きゃほみん
高1
北大生と聞き、真面目そうな方が来るのかなと思っていたのですが、中村さんはとても話しやすい方で、普段は大学生と話すことがないので良い刺激になりました。 同じ「天真爛漫系」ということでなんだか嬉しかったです!

 

何者

就活の情報交換のために集まった5人の大学生。自分は「何者」なのか、それぞれが疑問を抱えながら就活に立ち向かっていた。内定が決まらない中、互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き人間関係が歪み始める。やがて「内定者」が現れたとき、これまで隠されてきた裏の顔が姿を見せる―。

  • 原作:朝井リョウ『何者』(新潮文庫刊)
  • 監督・脚本:三浦大輔
  • 出演:佐藤健 有村架純 二階堂ふみ 菅田将暉 岡田将生/ 山田孝之
  • 主題歌:「NANIMONO(feat.米津玄師)」中田ヤスタカ(ワーナーミュージック・ジャパン)
10.15(土)全国公開

映画オフィシャルサイト

©2016 映画「何者」製作委員会 ©2012 朝井リョウ/新潮社

 
ch FILES/U-18では、取材に参加してくれる「ch高校生スタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

何者 座談会