「SNSでの自意識を考えるきっかけに」 映画 『何者』 三浦大輔監督に高校生インタビュー

何者 三浦大輔監督

恋愛、友情、就活、裏切り。これが僕たちのリアル。

朝井リョウの直木賞小説を、演劇界の鬼才・三浦大輔による脚本・監督で映画化!

高校生にも感じてほしい、『何者』で描かれる“リアル”とは!?

映画『何者』

三浦大輔監督

全員主役級の豪華キャストが集結
さぞ華やかな現場と思いきや…!?

 
▶ 『何者』の脚本・監督というオファーを受けたときはどう感じましたか?

映画化のお話をいただいてから、初めて原作を読んだのですが、とてもおもしろいと思いましたし、僕も人間のいやらしいところを浮かび上がらせるような作風の物語を作ることが多いので、自分と通じる部分もあり、この原作だったら自分がやってきた経験を使って映画化できるかなと思いました。でもツイッターの文章っていうのは小説ならではの表現なので、映画化する意味だったり、映像としてどう置き換えるかということを考えながら脚本を書いていくのは難しかったですね。

▶ とても豪華なキャストで、最初に知ったときにはびっくりしました!

役者さんへのオファーの時点から僕も関わってはいましたが、皆さん主役を張れるような方ばかりなので、さすがに6人揃ったときは僕も委縮しました。でも、ひよったり頼りないところを見せちゃうと、監督として信頼されないので、「気にしてませんよ」っていう素振りをしました(笑)

▶ 撮影現場はどんな雰囲気でしたか?

各々の仕事をしっかりやれば良いものができると信じて、みんなが淡々とシーンを完成させることにまい進していました。照明をセットして、カメラの置く位置を決めて、演技してっていうのを繰り返して、苦しいけど目標に向かって各々の作業を的確にこなしていく。その積み重ねでしかないので、そんなに華やかな現場ではないんですよ。

1611_nanimono_miura_01-min
 

ツイッターが当たり前の日常
その価値観を疑うきっかけに

 
▶ 登場人物の中で、監督はどのキャラに似ていると思いますか?

主人公・拓人の「冷静分析系男子」だと思いますね。僕も拓人のように演劇をやっていたから、自分の思いを佐藤健君に託したところもあります。彼は役作りの際に朝井リョウさんをモデルにしたらしいので、原作者と監督の思いをすべて背負いながら拓人を演じてくれたと思います。

▶ 就職活動の描かれ方がとてもリアルでした。

そこをちゃんとリアルに描かないとダメだなと思いました。僕も就活をしたことはありますが、WEBテストやネットを使った応募はまだない時代だったので、事前に就活生にリサーチしたり入念に下調べをして、シーンのイメージを持てるようにしました。

▶ 映画を観て高校生にどのようなことを感じてほしいですか?

就職活動に関することはまだ経験がないと思うので「大変そうだ」という感想を持つかもしれないですけど、みんなツイッターとかSNSはやってますよね?

▶ はい。ツイッターはほとんどの高校生がやってます。

ツイッターでつぶやくことは日常的にやってると思うので、この映画を観てその価値観が少しでも揺らいでくれたらおもしろいですね。つぶやくことのためらいだったり、「私いま寒くないかな?」とか、自意識に対してちょっとでも確認する瞬間ができたらいいと思うんです。「私のつぶやきって何なのかな?」「え、私は何者?」(笑)って考えるきっかけになってくれたらいいですよね。

 

ch STAFF
北海道
ひなこ
高2
映画監督のお仕事についてたくさんのことを学ぶことができました。制作に至るまでのお話や現場での裏話も聞けて、非常に貴重なインタビューになりました!
ch STAFF
北海道
リコ
高3
監督が原作を基にして、どのように映画を作っていったのか知ることができました。いま原作を読んでいるのですが、原作をうまく映画に仕上げていて、あらためて素晴らしいお仕事だと思いました。
ch STAFF
北海道
きゃほみん
高1
初めてのインタビューで緊張しました。監督に自分の聞きたいことを直接聞けて嬉しかったし、こんな機会は普通はないからすごくいい経験になりました。

 

何者

  • 原作:朝井リョウ『何者』(新潮文庫刊)
  • 監督・脚本:三浦大輔
  • 出演:佐藤健 有村架純 二階堂ふみ 菅田将暉 岡田将生/ 山田孝之
  • 主題歌:「NANIMONO(feat.米津玄師)」中田ヤスタカ(ワーナーミュージック・ジャパン)
10.15(土)全国公開

映画オフィシャルサイト

©2016 映画「何者」製作委員会 ©2012 朝井リョウ/新潮社

 
ch FILES/U-18では、取材に参加してくれる「ch高校生スタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

何者 三浦大輔監督