THE BAWDIES × go!go!vanillas インタビュー| ROYさん&牧さんが高校生に戻れるなら…

THE BAWDIES × go!go!vanillas

Split Single『Rockin’ Zombies』をリリースしたTHE BAWDIES × go!go!vanillas。

それぞれのバンドでボーカルを務めるROYさんと牧さんにch高校生スタッフがインタビュー!

インタビュー

THE BAWDIES × go!go!vanillas

……なぜ、今このタイミングでスプリット・シングルを制作することになったのですか?

ROY 僕らの事務所には、THE BAWDIESとgo!go!vanillasしかいなくて、本当の兄弟だと思っているぐらい深い仲なんですけど、対バンをしたのはバニラズがデビューする前のお披露目のような場の一度だけで、いつかまた一緒にやりたいと思っていて。最近、バニラズが大きな全国ツアーを終えて、ロックンロールバンドとして新たなスタートを切ったいいタイミングだったので、そろそろやろうかと。ライブを一緒にやるならツアーも一緒に回ろうという話になって、それなら音源も一緒に出そうということになりました。

……『Rockin’ Zombies』というタイトルが変わっていて気になります!

 スタジオに8人全員で集まっていろいろとアイデアを出した中で、一番分かりやすくて、意味合いもあって、さらにロックンロールっぽくていいなと思ってこれにしました。“ゾンビ”はロックと同じようにずっと古くから生き延びているので、僕たちのようなロックが大好きな人間の音楽が、これから日本の皆さんに感染していくという…。

ROY ゾンビなだけにね。

 そう、ゾンビなだけに、ここ大切(笑)! 良いロックンロールをもっと皆に届けていきたいという想いを込めて付けました。

……『45s』はTHE BAWDIESの格好良さが前面に出ていて、MVは近未来感もあって凄くオシャレです!

ROY これはスプリット・シングルが出ると決まってから作った曲です。バニラズのような若い世代には凄く勢いがあって、アーティストだけではなくてお客さんも含めてひとつのシーンが出来上がっているなと感じるんですね。その若い人達のシーンに向けて、外からもしっかりとみんなを刺激するものがあるんだということを示したくて。先輩風を吹かせて大人っぽいロックをやるのではなくて、自分たちがデビューした時の初期衝動をさらけ出して、THE BAWDIESというものを正面から表現したかったんです。バニラズがどういう楽曲を書いてくるかは分からなかったけど、俺らは全力で行かせてもらうよという気持ちで書きました。

……この2組だからこそ生まれた楽曲なんですね。夏全開で楽しそうなgo!go!vanillasの『ヒンキーディンキーパーティークルー』にはどんな想いが込められていますか?

 僕たちは高校生の頃からTHE BAWDIESを知っていて、ずっと背中を見てきました。その中で、僕らも頑張って地道に自分たちのカラーを見つけて、やっとここで対等に一緒に出来ると思って作った曲なので、THE BAWDIESへの愛もたくさん入っています。それと、僕は同じロックンロールを愛してくれる人たちが大好きなので、ライブを観に来てくれる人たちにも兄弟みたいな感覚になって欲しいという想いも込めています。

……期間限定盤にはお互いの楽曲を相互カヴァーした曲が収録されていますが、曲はどのように選びましたか?

ROY どの曲を選んだかは、試聴会のときまでお互いに秘密のつもりだったんですけど、僕は先輩ですし負けたくないので、僕のネットワークを駆使してバニラズが何をカヴァーするのか入手しまして(笑)。僕たちの1stシングルの『IT’S TOO LATE』をやると聞いて、だったら僕たちはバニラズの一番新しいシングル『カウンターアクション』をやらせてもらいますと。

 僕らは絶対に聞かないようにしてたのに(笑)。

ROY この2曲、偶然にも僕と牧が書いた年齢が一緒で、言葉は違えども歌詞の内容もほとんど一緒で。お互いに、自分たちのスタイルをもっと恐れずに持たなければいけない時期に作った曲なんだよね。

……おふたりが1日だけ高校生に戻れるとしたら何をしたいですか?

ROY:朝早めに学校行って、俺ら2人ともそれぞれバスケ部だったから、当時の同級生もいるなら朝練したいよね! それで自分のクラスだけじゃなくて全クラスの教室に行きたい! 授業もちゃんと受けるかな。今、高校生の皆が当たり前だと思ってる日常は、特別な瞬間だったりするから。あの普通の1日をもう1度過ごしたい。部活終わってコンビニ寄って…

 友達と一緒にチャリ漕ぎながら…

ROY あ、僕、電車だったんで。

 これだからシティーボーイは(笑)。僕は大分の田舎で、自転車乗る時はヘルメット被ってましたから。どんなにワックス付けても脱いだら髪ペッタペタだからね。あの切なさはないよ(笑)。

ROY 俺たちの学校はみんな服装も髪型も自由で、金髪にピアスとかもいたから。その頃、もしヘルメット被って自転車乗ってる牧に出会ってたら「オシャレで被ってんのかな?」って思ったかも。

 なんか凄いムカつきます(笑)。

……10月には名古屋も回るツアーが始まりますね。意気込みを教えてください。

 僕は初めてバンドで遠征をしたのが名古屋なんです。お客さんが2、3人の時もあったり、すごく成長させてくれた場所で。最近、やっと名古屋の皆さんと近い距離で僕らの音楽を一緒に楽しめている実感を持てたこのタイミングに、この兄貴と一緒に行きます。今回は2バンドの化学反応が起こると思うので、THE BAWDIESとgo!go!vanillasそれぞれのライブを観たことがある人にも、それを楽しみに来ていただきたいと思っています。

ROY “Rockin’ Zombies”という集合体でロックを伝えに行きます。ロックンロールって最高だなという気分になれると思うので、ぜひ生で感じていただきたいです!

THE BAWDIES × go!go!vanillas

THE BAWDIES × go!go!vanillas

同じマネジメント事務所、同じレコードレーベルに所属しているTHE BAWDIES とgo!go!vanillasだからこそ実現できた、日本のロック史に一石を投じるロックンロールの新たな形。ロックンロール=古くから在り続ける音楽、それを伝染させていく=ゾンビ。両バンドの使命ともいうべきロックンロールへの敬意の念を胸に完成した珠玉のロックンロールを鳴らす!


Rockin’ Zombies (期間限定盤)
¥1,944(tax in)
now on sale
 
Rockin’ Zombies Tour 2016
10/14(金) 仙台 Rensa
10/15(土) 新潟 LOTS
10/22(土) 名古屋 ZEPP NAGOYA
10/23(日) 大阪 なんば Hatch
10/25(火) 広島 CLUB QUATTRO
10/27(木) 熊本 B.9 V1
10/29(土) 東京 Zepp DiverCity TOKYO

Rockin’ Zombies 特設HP

 
取材を終えて…

ch STAFF
東海
ナツキ
3年
ますます大好きになりました!!
ch STAFF
東海
はゆ 3年
取材できた感動で手が震えました…!

 
ch FILESでは、取材に参加してくれる「chスタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

THE BAWDIES × go!go!vanillas