水のような声と、原風景を想起させる詞世界が魅力の南壽あさ子さんに高校生インタビュー

南壽あさ子

積水ハウスシャーメゾンのCMで『積水ハウスの歌』の歌唱を担当するシンガーソングライター、南壽あさ子さん。

9月28日に人気ゲーム「アトリエ」シリーズのOP曲『flora』をリリース!

ch高校生スタッフがインタビューしました。

インタビュー

南壽あさ子

自分にできることは歌を届けること
『flora』は“平和を祈る曲”

 
▶︎ 新曲はどんなテーマで作りましたか?

これまでいろいろな場所でライブをしてきて、たくさんの方と知り合い視野が広がったと思っていましたが、ニュースを観ると自分の知らないところで事件や災害が起きていて、悲しい声が聞こえてきた時に何もできない自分の無力さを感じました。自分には何ができるのだろうと考えた時に、「平和を祈る曲を作り、歌にして届けよう」と思い書いた曲が『flora』です。

▶︎ 『flora』は人気ゲーム「アトリエ」シリーズのOP曲になっていますね。

以前、2作品ほど挿入歌に選んでいただいて監督さんとも知り合っていたのですが、嬉しいことに「ぜひ次はOPをお願いしたい」というお話をいただきました。「アトリエ」シリーズとは関係なく『flora』を作っていたのですが、この曲はOPに合うのではと思い監督に提出したら、すぐに喜んでいただけたので嬉しかったです。

▶︎ ゲームをプレイしたことはありますか?

私の曲を挿入歌に選んでいただいた時に、あまりゲームは得意ではないけれど曲が流れるまでやってみようと思いプレイしました。実際に曲が流れた時は感動しました! これまでMVに自分が出演することはありましたが、ゲームの中で自分の曲にアニメーションがついて聴けることは初めてでしたし、ゲームをプレイしているいろいろな方に聴いていただけるのは嬉しいなと思いました。
 

高校時代が人生のピーク?
誰とでも接していた生徒会長

 
▶︎ 高校時代はどんな学生でしたか?

個人的に人生のピークだと思っていて、記憶力も一番良かったと思います(笑)。小学生の時はわりと静かで、逆に中学生の時は明るい子と一緒にいました。2つの過ごし方を経験して自分らしさとは何だろうと考えた時に、自分の個性を出したいし、無理に人と合わせる必要はないなと思うようになり段々と芯ができてきて、いろいろな人と平等に付き合う自分になっていったと思います。高校生になってからは生徒会に入り、書記から始めて最後は生徒会長でした。仕切ることはそんなに向いていないと思っていましたが、元気のある男の子や女の子からも意見を聞いていましたし、大人しいタイプの人にも声をかけたり、その時が一番いろいろな人に目が行き届いていたと思います。

▶︎ 高校生にメッセージをお願いします!

いろいろな経験をしたり人の話を聞いていると、どこかにきっかけが転がっています。興味のあるものに1日でもいいのでチャレンジすると、それがとても大きな経験になると思います。知っているのと知らないということの差は大きいので、小さなことでも始めてほしいです。それから、他人に流されないような人になってほしいなと思います。今これが流行っているからという理由で選ぶのではなく、個性を見つけるためにも自分の心の声に耳を傾けて本当に好きなのかどうか聞いてほしいです。

 

南壽あさ子

南壽あさ子 Asako Nasu

2013年10月に『わたしのノスタルジア』でメジャーデビュー。同曲が全国ラジオパワープレイを40局以上獲得しこの月の邦楽・洋楽OA回数1位となる快挙。風景画家の祖父や70年代の音楽に影響を受けながら独自の世界観を生み出す作風、その透明感あふれる唄声とシンプルなピアノによって多くの人の心を掴んで離さない。


flora
【豪華盤】
¥3,240(tax in)
9/28 on sale

南壽あさ子 official home page

 

取材を終えて…

ch STAFF
北海道
さやか
高2
人との関わりをとても大事にしていて、周りに流されることなく夢を持ち続け、自分の意見や考えもしっかりと持っているのが、かっこいいと思いましたし自分もそうなりたいです!
ch STAFF
北海道
結衣
高3
中学生から楽器や歌を始めたアーティストさんが多いですが、南壽さんは大学生から本格的に始めたと聞いて驚きました。何か始めたいと思ったら、いつから始めても遅くはないんだと、お話を聞いていて感じました!

 
ch FILESでは、取材に参加してくれる「chスタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

南壽あさ子