愛した人は、殺人犯なのか? それでも、あなたを信じたい… 『怒り』を高校生に観てほしい

怒り
映画

怒り

『悪人』の吉田修一×李 相日タッグが再び!
“信じる”ことを問う感動のヒューマンミステリー

 
八王子で起きた夫婦殺人事件。

現場には『怒』の血文字が残されていた。

犯人は顔を整形し全国に逃亡を続け、いまだ行方不明。

事件から一年後、千葉の漁港に暮らす洋平と娘の愛子は田代という青年に出会い、

東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という男と知り合い、

母と沖縄に越してきた女子高生の泉は無人島でバックパッカーの青年・田中と遭遇するが―。
 
怒り

怒り 怒り 怒り

 
chスタッフが独自の視点で五つ星評価

ch STAFF
北海道

高3
感情を共有したくなる度 ★★★★★
人を信じることは怖いことでもあるんだと思いました。作品を観終わった後に残る心がずーんとくるような感覚を若い世代にも体感してほしいです。
ch STAFF
北海道
くまち
高2
「信じる」とは何か度 ★★★★★
千葉、東京、沖縄の映像の美しさがとても印象的でした。「信じる」ことはどういうことかを考えさせられます。ぜひ劇場で観てほしいです!

 

怒り

  • 監督・脚本:李 相日
  • 原作:吉田修一『怒り』(中央公論新社刊)
  • 音楽:坂本龍一
  • 出演:渡辺 謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野 剛、広瀬すず、宮﨑あおい、妻夫木聡
  • 主題歌:坂本龍一 feat. 2CELLOS
9.17(土)全国公開

PG12

映画オフィシャルサイト

©2016映画「怒り」製作委員会

 
ch FILES/U-18では、取材に参加してくれる「ch高校生スタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

怒り