イトヲカシ|伊東歌詞太郎さん&宮田“レフティ”リョウさんに高校生インタビュー

イトヲカシ

中学からの同級生である、伊東歌詞太郎(Vo.)さんと宮田“レフティ”リョウ(B./G./Key.)さんによるユニット、イトヲカシ。

FMノースウェーブ公開イベント「札幌国際大学清麗祭スペシャルライブ」に出演した直後の2人をchスタッフが直撃しました。

FM NORTH WAVE×ch FILES

イトヲカシ

ネットもリアルも
表現方法のひとつ

▶︎ 動画投稿を始めたきっかけは何ですか?

伊東 お互い今までやっていたバンドを解散して、2人で新しく音楽活動をするなら今まで通りのやり方では駄目だと思って。何か新しくできることはないかと、もがいた結果ですね。

宮田 2人で話し合っている時に、動画サイトにカバー曲をアップロードする方法があるというのを見つけて「とりあえずやってみよう!」というスタンスで始めてみたのがきっかけです。

▶︎ 投稿からライブへの移行で苦労したことはありますか?

宮田 正直、移行するという感覚自体があまりなかったですね。音楽をやる上で、インターネットに楽曲をアップロードすることも、生でライブをやることも、どちらも表現方法のひとつだと思っているので。

伊東 インターネットとリアルというのを、僕らは1回も分けて考えたことがないんです。ライブは動画投稿からのひとつの延長線にあると思うので、苦労したとは感じないですね。

▶︎ 最初からメジャーを目指していたのですか?

伊東 すごく良い質問ですね~(笑)

宮田 メジャーデビューを目指していた訳ではなく、あくまでも通過点なんですよね。何の通過点なのかと言うと、音楽を死ぬまで長く続けていきたいっていう上での通過点。長く続けるためには多くの人に音楽を聴いてもらわなければいけないから、そのプロセスとしてメジャーデビューがあるんです。だからメジャーデビューを意識したというよりは、本当にありがたいことなんですが、自然にそのプロセスを通過できたのかなと思っています。

グッドミュージックを
作れる確信がある

▶︎ おふたりにとってイトヲカシはどんな存在ですか。

伊東 パートナーとして最も気を使わなくていいし、同じことを考えている瞬間が多い。その上僕らは得意分野がはっきり分かれていて、作詞作曲を僕が担当して、レフティが編曲を担当するっていう、お互いがジグソーパズルのピースにはまってるような状態。未来に向けてのビジョンが描けるし、みんなに自慢したい音楽ユニットでもあるし、一言で言うと宝物のようなものだと思っています。

宮田 彼とだったらグッドミュージックを作れる確信があります。中学時代からの長い付き合いですけど、馴れ合いで一緒にやっているんじゃなくて、音楽というものでつながっている。僕にとっては、なくてはならないものです。

▶︎ 将来に不安を抱えている高校生に向けてアドバイスをお願いします。

伊東 周りからどんなに才能がないって言われても、やり続けていれば順番は必ず回ってくるんです。だから夢がある人は一生懸命続けて欲しい。でも、本当に限界だなって思ったら、無理せずにやめてほしい。心が壊れちゃうから。そう思わないんだったら、簡単なことでは諦めてほしくないなと思います。夢がなくて悩んでいる人は、身近な幸せを見つけよう。身近な幸せを見つけることと、夢を追うことってどっちが優れてるとか絶対ないですから。自分なりの何かでいいじゃないかと思いますね。

宮田 最近、何でもインターネットで検索できるじゃないですか。だから始める前から物事のリスクも知れると思うんですけど、何かを始めようってときに、ネットで調べたことをそのまま鵜呑みにして、リスクを恐れてやめるのはチャンスを逃してしまう、逆に危険なことだと思います。失敗を恐れずにやってみる。傷ついてもいいからやってみるっていうスタンスでやったら、何かが見つかると思います。

ch STAFF のあ 高2・リコ高2/伊東歌詞太郎さん・宮田“レフティ”リョウさん/めぐみ 高3・TAKUYA 高1

ch STAFF のあ 高2・リコ高2/伊東歌詞太郎さん・宮田“レフティ”リョウさん/めぐみ 高3・TAKUYA 高1

イトヲカシ

itowokashi

個々の活動を含め4年間の準備期間を経て、満を持して2016年より活動を本格化。日本語を大事にした歌詞・メロディセンス・力強い歌声が織りなす琴線に触れる楽曲を、他者とは一線を画す展開で発信する2010年代型アーティスト。メディアでは顔出しを行っておらず、その素顔はライブ等でしか見ることが出来ない。

メジャーデビューシングル

スターダスト / 宿り星
[CD+DVD]¥1,700(tax in)
9/21 on sale

イトヲカシ OFFICIAL WEBSITE

お悩み相談室|イトヲカシ「音楽を本当に愛していれば、続けていく道はひとつではない」

2017.02.08

取材を終えて…

ch STAFF
北海道
のあ 高2
2人でイトヲカシだから、他の人ではダメなんだとお互いに思っているのが素敵です。武道館でのライブを“小さな目標”として挙げていて、いままで目標を追いかけて達成してきたからこそ堂々と語れるんだなと尊敬しました。
ch STAFF
北海道
めぐみ 高3
「1曲1曲に想いもエピソードもあって、すべての曲が大切」「相方のことを自慢したい」と真っ直ぐな目でおっしゃっていました。今まで夢について語った大人の言葉は耳を通り抜けていく感じでしたが、お二人の言葉はとても心に残りました。
ch STAFF
北海道
リコ 高2
お二人は本当に信頼しあっているのが伝わりました。イトヲカシさんの夢を本当に叶えてほしいと思うし、高校生に向けてとてもためになるお話も聞けて良かったです。イトヲカシさんの曲をこれからたくさん聴きたいと思いました。
ch STAFF
北海道
TAKUYA
高1
インタビューの部屋に入ったとき、サプライズのネタを用意してくれていて、一気に緊張がほぐれました。しっかりと目を見てお話をしてくれて、またたくさん笑わせてくれて、すっかりイトヲカシさんにハマってしまいました。

ch FILESでは、取材に参加してくれる高校生=「chスタッフ」を募集しています。

高校生活をもっと有意義に!U-18フリーマガジン「ch FILES」のスタッフ募集中

2016.02.26
イトヲカシ