壁ドンはないけど(笑)… 映画『青空エール』 竹内涼真さんに九州の高校生がインタビュー

青空エール

高校生を応援するフリーマガジン「ch FILES」では、一心不乱に前へ進む、ひたむきな青春ラブストーリー『青空エール』を大プッシュ!

北海道版の竹内涼真さん、関東版の土屋太鳳さん&竹内涼真さんに続き、九州版でも竹内涼真さんにch高校生スタッフがインタビューしました!

 
★こちらもチェック
この夏一番アツい青春映画『青空エール』 土屋太鳳さん&竹内涼真さんに高校生インタビュー
“両片想い” ”仲間がいるから頑張れる” 青春ストーリー『青空エール』を高校生がプレビュー
映画『青空エール』で甲子園を目指す野球部員を演じた竹内涼真さんに高校生がインタビュー
映画『青空エール』竹内涼真さん 原作モデル校・札幌白石高校の学校祭でサプライズエール
札幌白石高校 吹奏楽部の定期演奏会に密着&『青空エール』顧問のモデル先生を直撃
 

映画『青空エール』

竹内涼真

 
……原作コミックを読まれた時、どんな感想を持たれましたか?

「最初に少女漫画と聞いて恋愛モノの先入観で読んでみたら、実際は部活をひたむきに頑張っているふたりがいて、その周りも一生懸命に目指すものがあったので、僕は男性としても入りやすかったです。誰もが通ったことのある物語に惹かれました。大介はまっすぐですごく優しい青年で、それをどう演じようか考えていましたけど、意外に天然で人に優しくしているという感覚がないので、大介を演じるというよりは小野つばさの目線で見ていました」

……土屋太鳳さんと共演された印象はいかがでしたか?

「共演は2回目ですが、本格的にやらせてもらうのは今回が初めてで。ちなみに太鳳ちゃんのイメージってどんな感じ?」

……フワフワして優しくてまっすぐなイメージです。

「そう!そのまんま!まったく裏表がなく掘っても掘っても太鳳ちゃんなの(笑)。ダークな部分はひとつもない。でもその優しいイメージとは裏腹に強い芯もあり、良い意味で頑固でストイックなんです。すごくたくましい女性で、久々、女の子を見てカッコイイと思いました。お互いスポーツをやっていたから波長みたいなものが合うんだと思います」

……高校球児に初挑戦して、苦労したことは?

「野球で苦労したことは全部です(笑)。一から始めて3ヶ月で間に合わせなきゃいけなかったので、本当にパニックでした。でも最初は辛かったけど、だんだん楽しくなってきて、そこから一気に上達できた気がします」

……また竹内さんと同じくトランペットに初挑戦した土屋さんの存在は刺激になりましたか?

「なりましたね。すごい成長ぶりでしたし、僕も野球を負けられないって気持ちになりました。撮影では球場でお互い披露するから、成長した姿をそこで見せられるように頑張っていました」

……一番印象に残っている撮影を教えてください。

「大介が入院している病院の屋上で吹奏楽の皆が贈ってくれた演奏ですね。50人くらいの吹部メンバーがたったひとりのために音を出し、最後に大介が涙するシーンでしたが、涙をこらえるのに必死でした。たぶん、この先も経験できないことだろうし、山田大介としても、竹内涼真としても本当に感動しました」

青空エール

……別々の部活でも同じ夢や目標を目指すつばさと大介の関係をどう思われますか?

「絵馬に願いを込め合うシーンとか個人的に好きなんですが、友情とか同志を超えて成長し合えたからこそ結末で奇跡が起こるし、すごくピュアな関係性が良いですよね。ちなみに僕はそんな経験ないです(笑)」

……竹内さんの青春時代の一番の思い出を教えてください。

「もちろん学校生活も思い出だけど、一番はやっぱりグラウンドに出て、共に汗を流し、戦ってきたサッカーチームの仲間たちとの時間が今も大切な思い出です」

……最後に高校生に向けてメッセージをお願いします!

「キャラクターが多い中、それぞれのストーリーがきちんとあるので自分の視点で共感できるキャラクターが必ずあると思います。壁ドンはないけど(笑)、ひたむきに部活を頑張る仲間がいて、その中で一番近い存在の小野つばさと一緒に夢を追いかけ、気付いたら好きになっていたという部活を通じたピュアな恋心や愛おしさが伝わってくる作品なので、ぜひ彼女や好きな人、親友など自分の大切な人と一緒に劇場へ足を運んでもらえると嬉しいです」

 

竹内涼真さんのおすすめシーン!

1.大介がつばさの告白を断ってしまうシーン

青空エール

「なんで断るの? 女心が分かってない!と思われがちだけど、自分のせいで先輩たちの甲子園行きをフイにした、まだ1年生の大介にとっては、その時期に彼女を作る度量がない。そんな大介の心情を察してもらえると嬉しいです!」

2.大介が打席に立った時、つばさが願いを込めるシーン

「スポーツをやっている人なら応援に来てくれた人たちの表情って見たいけど、実際は遠くて見えないんです。でもこの作品では大切な人の表情が分かる! 部活やっている人ならテンションが上がる竹内涼真的おすすめです!」

 

高校生にアドバイス!

青空エール

高校時代の成長って時間じゃなく、どれだけ熱量が注げたかだと思うんです。色々と悩みが多い時期だけど、自分がやりたいことに気持ちを注ぐこと。その熱量があれば壁を乗り越えられることを、僕もこの映画で学べました。皆さんも自分の目標に向かって頑張ってほしいです!

 

青空エール

  • 原作:河原和音「青空エール」(集英社マーガレットコミックス刊)
  • 脚本:持地佑季子
  • 監督:三木孝浩
  • 出演:土屋太鳳、竹内涼真、葉山奨之、堀井新太、小島藤子、松井愛莉、平 祐奈、山田裕貴/志田未来/上野樹里、他
  • 主題歌:「キセキ~未来へ~」whiteeeen(UNIVERSAL J)

STORY 吹奏楽の名門・白翔高校に入学した小野つばさは、レベルの高い部員に混じり、初めてのトランペットを手にする。何度も挫けそうになるつばさを勇気づけてくれたのはクラスメートで野球部員の山田大介。甲子園を目指す大介とつばさは、互いに励まし合いながら、ある約束を交わす…。

8.20(土)公開

映画「青空エール」公式サイト

©2016 映画「青空エール」製作委員会
©河原和音/集英社

 

ch STAFF
九州
あおい 高1
最高な作品!それぞれ自分の夢に向かってひたむきに頑張る姿に感動しました。部活をしている人にとっては共感できるシーンや胸を打つ言葉も多いと思います!
ch STAFF
九州
さくら 高1
約束を果たす為に青春の夢をあきらめず追いかけ続ける2人に感動!つばさからの想いを拒むシーンでは大介の真面目さや、本当はつばさに恋心を抱いている表情にキュンキュンしました! 友情も恋も夢も悩みがたくさんなこの時期に共感でき、頑張らなきゃ!と元気付けてくれる映画です。
ch STAFF
九州
kokoro
高1
野球のシーンや吹奏楽部の演奏も本格的で、主演の2人が猛特訓した努力が見て取れます! 特に大介が入院している病院での吹奏楽シーン、そして3 年の夏、甲子園を目指す地区大会決勝の大介が起こすキセキは必見☆
ch STAFF
九州
あすか 高1
つばさと大介の純粋で、どこか初々しいやりとりが最高! 高校1年から3年へと成長していく2人の姿や変化も、本当にその月日を感じさせるような演技で良かったです!

 
ch FILESでは、取材に参加してくれる「chスタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

青空エール