全世界を席巻している『ファインディング・ドリー』の注目ポイントを高校生がお届けします

ファインディング・ドリー

アニメーション史上、全米歴代No.1の週末オープニング記録を樹立し、高い満足度でリピーターも続出するほどのブームとなっている『ファインディング・ドリー』。

その人気の秘密を、試写会に参加したch高校生スタッフがお届けします!

★こちらもチェック
『ファインディング・ドリー』の海洋生物監修に声優も 諦めなかったから“さかなクン”になれた
ドリーのポジティブさと行動力に感服! 『ファインディング・ドリー』を高校生がプレビュー

 

映画

ファインディング・ドリー

忘れんぼうの“ドリー”が
世界を、そして日本を席巻中!

 
『ファインディング・ニモ』の奇跡の冒険から1年。

カクレクマノミのニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまうドリーがたったひとつ忘れなかったのは小さい頃の《家族の思い出》。

なぜその思い出だけ忘れなかったのか?

ドリーの家族は今どこに?

ニモ親子に新たな仲間たちも加わり、ドリーの家族を探す冒険が始まる。

しかし、その秘密を解く鍵は、海の生き物にとって禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた…。
 


 

『ファインディング・ドリー』のここに注目!

 

タコのハンクに秘められたピクサーの想い!

タコのハンクに秘められたピクサーの想い!

7本足に350個もの吸盤、体の色や形を自在に操り、主役並みの活躍を見せるハンク。複雑な動きや擬態能力を実現できたのはピクサーの技術力があるからこそ。なんと彼の設計だけで1 年間も費やしたそう。その情熱には脱帽☆

 

吹替キャストも新たな仲間が加わりパワーアップ!

吹替キャストも新たな仲間が加わりパワーアップ!

日本語吹替版のドリーとマーリンの声を演じるのは、『ファインディング・ニモ』でお馴染みの室井滋と木梨憲武。さらに注目のハンク役に上川隆也、デスティニー役に中村アン、そしてマンボウ役のさかなクンなど豪華キャストが集結!

 
大切な人への愛がとにかく深い!

ch STAFF
九州
あやか 高2
家族や友達の大切さを描いた今作を観て、私自身の家族、友達、大切な人々を重ね合わさって感動で涙が止まりませんでした。ドリーのまっすぐな心や選択する勇気に自分の考えを見直すきっかけにもなりました! もちろん感動だけではなく、コメディ要素満載なのもシリーズならでは。満足度が高い理由は観れば必ずわかります。そして子供時代のベビー・ドリー! キュン死レベルの可愛さです♥

笑いあり、感動あり!
これを観なきゃ夏は終われない!

ch STAFF
九州
KENTA
高2
とても最高でした! ドリーを中心に進む中で、これまでの仲間に加え、新キャラのタコのハンクの存在感や、白イルカのベイリー、ジンベエザメのデスティニーが、ドリーの過去と繋がっているストーリーに引き込まれ、すごく面白かったです。笑いあり、感動ありの観終わった後には幸せな気持ちになれる作品! 家族や友達と一緒に観るのにオススメです☆

大切な人と観に行きたい

ch STAFF
関西
りんりん
高2
アニメーションが綺麗なのはさすがピクサー! 海に生息する生き物を色鮮やかに細かく表現しています。海の生活と人間がいる地上の生活をうまく分けて場面転換しているところも観どころです。

暑い夏にピッタリ!

ch STAFF
関西
ゆうちゃん
高3
ドリーが一生懸命になんでもする勇気や、行動力から力がもらえました。ウルッとしたり…クスッと笑えたり…。そしてとっても映像がキレイ! アニメーションなのに本当にドリーやニモたちと海の中にいるみたいです!

迷いがなく、まっすぐなドリーがかっこいい!

ch STAFF
関西
ゆりか 高3
忘れんぼうのドリーが家族の記憶を思い出しながら旅するシーンに注目してみて。ドリーらしく迷いがなくてまっすぐでかっこいいんです。新しい登場キャラクターハンクにも注目です!

 

ファインディング・ドリー

  • 監督:アンドリュー・スタントン
  • 脚本:ヴィクトリア・ストラウス
  • 製作総指揮:ジョン・ラセター
  • 声の出演(日本語吹替):ドリー/エレン・デジェネレス(室井滋)、マーリン/アルバート・ブルックス(木梨憲武)、ニモ/ヘイデン・ローレンス(菊地慶)、ハンク/エド・オニール(上川隆也)、デスティニー/ケイトリン・オルソン(中村アン)
7.16(土)公開

映画オフィシャルサイト

©2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 
ch FILES/U-18では、取材に参加してくれる「ch高校生スタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

ファインディング・ドリー