IT起業したい女子高生を支援するサーバー会社ビヨンドの原岡社長に狙いを聞きました

株式会社ビヨンド 原岡昌寛 社長

ITを使ったアイデアで、起業を考えている女子高生を支援するサービスを開始したサーバー保守事業の株式会社ビヨンド

社長さんがJKに注目する理由とは…?

ch高校生スタッフがインタビューしました。

 

社長に会いたい 第15回

株式会社ビヨンド
原岡昌寛 社長

Q1. どんなことをしている会社ですか? 

サーバーサイドの開発から構築、保守まで行っている会社です。特にソーシャルゲームやウェブ系のシステムのサポートを得意とし、最多で月間50億PVのアクセス数のサーバーを扱っていました。

わかりやすく言うと、サイトのアクセスが遅くなったりしないように裏側で動くお仕事。システムの心臓部であるサーバールームには、お預かりしているお客様のサーバーがロッカールームのように並べられています。

Q2. 「JKスタートアップラボ」って何ですか?

アプリ開発やインターネットを使ったサービスなどITを使ってモノを作りたいと考えている女子高生の方に、1年間無料でサーバーをご提供して、初期構築や運用などをサポートしていくサービスです。

もちろんはじめに企画書の審査・選考をさせていただくのですが、アイデアと熱意はあるけどお金や経験がない、どう開発して良いかわからないという方にプログラミングの具体的な指導もしながらお手伝いできればと思っています。

女性でプログラミングをされる方が少ないので、一つのきっかけになれば嬉しいですね。

Q3. なぜ女子高生の起業家に注目したの?

会社が設立10年目を迎えて、何か社会の役に立ちたいと思った時に、若い起業家の方が増えればもっと日本が元気になるのでは?と考えました。

僕らはITの世界でモノを作る人たちを裏で支える役割。もともと僕らのグループ会社の株式会社エーウォーカーが、「MobileSpace」など女子中高生向けにサービスを提供しており、特に女性の起業家がまだ世の中で成功するのが難しい状況ですので、起業家支援の第1弾として、まずは女子高生を応援することになりました。

僕らは中高生時代にはネットも使えなかった世代ですので、スマホネイティブの皆さんが、どんな風に世の中に新しいサービスや価値を提供されるのか、とても興味があります

Q4. 社長になられた経緯は?

実は大学を卒業して就職するまでプログラムには縁遠い生活をしていました。

たまたまテレビ電話で教育を提供する会社に就職してシステム部門に配属されたので、そこで一から勉強して。最初は周りにも付いていけず必死でした。

学生時代から何か自分で仕事をしたいという気持ちはあり、同期の仲間と2人で書籍をインターネットで販売するというサービスを始めて、今のグループ会社の代表と知り合いになり、ビヨンドの会社立ち上げに誘われて入社しました。その後、組織再編の際に僕が代表に選ばれました。

Q5. 社長はどんな高校生でしたか?

高校は田舎で周りに畑しかないような大らかな環境で、今のように将来自分がITの会社をやるなんて考えてもいなかったです。

当時は部活一色でハンドボール部のキャプテンをしていました。弱小チームだったのですが、強豪校と練習試合をした時などに、彼らの練習法を見て真似したりしながら、何とか県大会に出場できるところまでいきました。

一度大学受験に失敗して、浪人している1年間で自分が何をしたいのか、自分の強みは何なのかを見つめ直しました。

今思うと、その時間が大切でしたね。それも、高校時代に部活で味わった悔しい思いがあったから、自分のコンプレックスにきちんと目を向けて、認められるようになったのだと思います。コンプレックスは弱みであると同時に、きちんと認めて向き合うことができればその人の強みにもなりますね。

 

原岡社長にお聞きした
社長になるために必要な3つのこと

  • 笑顔でいること

    社長がしかめっ面でいる会社より、社長自身が楽しんで笑顔で仕事することで社内の雰囲気も、お客様との雰囲気も良くなると思っています。

  • 強みを生かす

    弱みを消すことより強みを生かすことの方が大事。サーバーサイドである会社の強みをお客様にどう生かせるのかは常に考えています。社員同士の関係も同じで、1人ひとりの強みと弱みを補えるような関係が良い。

  • 責任を取ること

    何か新しいことをする時に、自分で決断をして人に任せた仕事は、最後は必ず自分が責任を取る気持ちで臨むこと。これが一番大事。

 

株式会社ビヨンド 原岡昌寛 社長

原岡 昌寛 Masahiro Haraoka
’77年、愛知県出身。’01年、同志社大学経済学部を卒業後、入社した会社でシステム部門に配属。4年間働いた後、同僚と一緒にサイトで書籍を販売するサービスを立ち上げる。その後現在の株式会社ビヨンドの会社設立に立ち会い、’15年より代表取締役に就任。

株式会社ビヨンド
JKスタートアップラボ 
 
もっと他の「社長に会いたい
 


取材を終えて

ch STAFF
関西
こまり 高1
とても温かい雰囲気の社長さんで、遠い存在だと思っていた「社長」「会社」という存在が、意外とそうじゃないのかも!? と感じることができました。
ch STAFF
関西
うぃこ 高1
女子高生支援のサービスは嬉しい! 私もアプリ開発をしているので、とても刺激になりました。 “強みを生かす”という、悩みを解決するヒントをいただきました。

 
ch FILESでは、取材に参加してくれる「chスタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

株式会社ビヨンド 原岡昌寛 社長