映画『MARS~ただ、君を愛してる~』窪田正孝さん&飯豊まりえさんに高校生がインタビュー

窪田正孝さんと飯豊まりえさん

高校生の間ではすでにドラマ放送時から話題の映画『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』が6月18日公開。

劇場版では、ドラマに描かれなかった主人公3人の過去が明らかに…。

藤ヶ谷太輔さんとW主演した、窪田正孝さんとヒロイン役の飯豊まりえさんにchスタッフがインタビュー!
 
【この記事もチェック!】
映画『MARS~ただ、君を愛してる~』W主演・藤ヶ谷太輔さん&窪田正孝さん、耶雲監督の舞台挨拶(大阪)を高校生がレポート
 

舞台挨拶レポート

MARS~ただ、君を愛してる~

役どころの零とキラの絆が深まるにつれ
鏡の中の自分の顔つきも変わった(飯豊)

 
― 完成した映画をご覧になった感想を教えてください。

窪田 もう、これは飯豊まりえちゃんの映画ですね。僕の役(牧生)さえいなければ零とキラ、2人でハッピーな話なんですよ。

飯豊 いやいや、窪田さんは一番切ない役ですよね。

― 過去の出来事から心に傷を持つ零とキラ、そして2人に近づくミステリアスな牧生。どのように役は作られたのでしょうか?

窪田 僕は特に役を作り込んではなくて、現場で生まれるものがすべてだと思っているので、台本に沿って、監督の「OK」を信じて演じさせていただきました。

飯豊 窪田さんのクランクアップでもあった廃墟ビルでのシーンは特に、気合いがすごくて白熱でした。(牧生が)笑いながら涙を流す演技なんて、そんな描写台本には書いてなかったんですよ! 屋上の窓からキラが牧生君に突き落とされそうになるシーンは本当に怖かったのですが、毎回カットがかかる度に起こしてくださって、本当に優しかったです。

― 飯豊さんの演技も本当に素晴らしかったです。

窪田 飯豊さんはドラマの初期の頃から比べて全然顔が変わったよね。太輔君演じる零もそうなんですけど、零とキラの強い絆ができていく中で、役のキラも強くなっていくのですが、飯豊さんもそう。何も知らない女の子から女性になっていったというか。

飯豊 顔が変わったのは、自分でも鏡を見て思いました。久々に雑誌の撮影に戻った時にはカメラマンさんに「なんか強くなった気がするね」と言われました。これほど現場に詰めた撮影は今までなかったので、一生忘れられない作品になりました。
 

男子ばかりの工業系の高校で
胸キュンとはほど遠い生活だった(窪田)

 
― 零とキラの胸キュンでいうと、授業中の教室から零がキラを連れ出すシーンは最高ですね。

窪田 カッコ良すぎますよね! 「先生、今俺たち授業より大切なことがあるんだ。説教なら後で聞くから。今回だけは見逃して!」ってね~もう(笑)。王子の太輔君にしかできない役ですね。バイク走らせて、風を感じながら海まで2人でデートしたり。僕は、ずーっと遠くから2人を見てる。美術室で1人ずっと日記を読んでる役ですよ(笑)

― そうですよね(笑)

窪田 僕が個人的に一番好きなのは、零との関係が壊れてしまったキラが、泣いて晴美(山崎紘菜)の家に話を聞いてもらいに行って、翌朝彼女のベッドで起きるシーン。泣き疲れて眠ってちょっとすっきりした顔してる寝起きシーン、あれで世の中の男子はやられます。

飯豊 あのシーンは大変だったんです。監督から「もうお前と零は終わったんだよ!」と怒鳴られて精神的に追い詰められ、私自身もう意味がわからなくなっていました。

― ところで、おふたりの高校時代は?

飯豊 私は結構おとなしい学生でした。教室ではそんなに目立たなかったのですが、廊下に出たら「キャー」ってスターみたいな感じになって、ちょっと気が休まらなかったかも。文化祭に出た時は、裏方で買い出しに行ったりお客さんの呼び込みをしたりしました!

窪田 僕は工業系だったので、男しかいなかったですね。高校入ってすぐからガソリンスタンドでずっとバイトしていましたし。こんな映画みたいなことは全然なかったなぁ。

飯豊 胸キュン、なかったんですか!?

窪田 ないよ、そんなの(笑)。ロッカー開ければみんなの体操着が臭いし、土足の学校だったからロッカーもボッコボコですよ。

― 最後に高校生読者に一言、お願いします。

飯豊 原作が’90年代なので、草食系と言われる今の時代にはないんじゃないかというくらい、みんな「好き」という気持ちに真っ直ぐ。樫野君(零)や牧生君のような男の子が増えてくれたら嬉しいですし、これを観て女の子たちがキュンキュンしてくれると嬉しいです!

窪田  恋愛って自分の味方にもなるし刃を向けられることもありますが、人を育ててくれるものだと思うから、零との関係で気持ちが上がったり下がったりするキラの目線から色んなことを感じられるんじゃないかなと思います。
 
【窪田正孝】ヘアメイク:糟谷美紀 スタイリスト:大石裕介(DerGLANZ)
【飯豊まりえ】ヘアメイク:坂手マキ(vi’s inc.) スタイリスト:有本祐輔
 
MARS~ただ、君を愛してる~

MARS~ただ、君を愛してる~

  • 監督:耶雲哉治
  • 原作:惣領冬実『MARS』(講談社「別冊フレンド」刊)
  • 出演:藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、窪田正孝、飯豊まりえ、山崎紘菜、稲葉友

STORY
海で奇跡的に出会った零とキラ。孤独に生きてきた2人は互いに強く惹かれ合い恋に落ちる。そんな2人の前に、零の死んだ弟の親友・牧生が現れる。2人の良き理解者のように見えた牧生だが、執拗に2人の過去の傷を暴き、その仲を引き裂こうとする…。

6.18(土)公開

映画オフィシャルサイト

©劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会

 

ch STAFF
関東
ちはる 高3
飯豊まりえちゃんはニコラに初登場した頃からずっと応援していました。これまでもたくさんドラマや映画に出演されていますが、今回は、本当に演技が上手で感動しました!
ch STAFF
関東
かえで 高2
ストーリーの展開にドキドキハラハラ。零とキラの恋愛にキュンキュンしながらも、窪田さんの狂気の演技がすごくて、最後まで手に汗握りながら観ていました!
 
ch FILES/U-18では、取材に参加してくれる「ch高校生スタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

窪田正孝さんと飯豊まりえさん