高校生が推薦する“推し本” 『新企画』 売れっ子放送作家の頭の中を覗き見してみよう

推し本 新企画

今月も話題作をご紹介。恋愛小説からミステリーまで、どれも高校生にオススメの作品ばかり。
 

推し本

新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます

鈴木おさむ
 

数々のヒット企画を生み出してきた
放送作家の頭の中を覗き見!

 
放送作家として数々のテレビ番組で企画をヒットさせてきた鈴木おさむさん(今は森三中・大島さんの旦那さんとしても有名)。

彼が育児の合間に考えたという22個の新企画。

ヒットはどのように生まれるのか、成功させるための秘訣など、プロの手の内が余すところなく綴られている。


新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます
鈴木おさむ/幻冬舎
 

ch STAFF
関東
よしの 高2
私は将来マネージャーになることが夢なので、企画の発案や仕掛け方はとても気になります! みんなも読んでみて!
 

高校生にこんな“推し本”も


64(ロクヨン)

横山秀夫/文藝春秋

映画化でも話題の本作。昭和64年に起きた未解決の幼女誘拐殺人事件を巡る警察の内部対立や登場人物らの複雑な心理を見事に描写。数々の伏線が繋がっていく展開は圧巻!


 


マチネの終わりに

平山啓一郎/毎日新聞出版

出会った瞬間から強く惹かれ合った、天才ギタリストの蒔野と通信社記者の洋子。しかし洋子には婚約者がいた…。芥川賞作家が描く大人の恋愛小説に浸ってみるのもよし。


 


また、同じ夢を見ていた

住野よる/双葉社

デビュー作『君の膵臓をたべたい』に続く最新作。友達のいない少女、リストカットを繰り返す女子高生、アバズレと罵られる女…“今”がうまくいかない全ての人に贈る物語。

 


羊と鋼の森

宮下奈都/文藝春秋

「2016本屋大賞」1位に輝いた本著。ピアノの調律に魅せられた一人の青年が、才能を巡り葛藤を繰り返しながらも決意し、成長していく様を優しく描いた物語。

推し本 新企画