世界を悶絶させたクソ無責任ヒーロー『デッドプール』は日本の高校生にもハマっちゃいました

映画

デッドプール

能天気で無責任、だけど憎めない。
自由すぎる型破りなヒーロー出現!

 
末期ガンと宣告された主人公・ウェイドは、怪しい組織の手術で不死身の体を手に入れるが、全身の皮膚がただれた無残な姿になってしまう。

元の容姿に戻り愛する人と再会するため、“デッドプール”となり組織への復讐に立ち上がる!

無責任で自己チュー、戦闘中もおしゃべりで下ネタ全開。

いままでにないヒーローが降臨!

 


 

ch高校生スタッフが独自の視点で五つ星評価

新感覚ヒーローに釘付け度 ★★★★★

こんなヒーロー見たことない度 ★★★★★

ch STAFF
関東
TK 高3
シリアス路線のアメコミ映画の風潮を見事にぶち壊してくれるアンチヒーロー。R-15指定だけあり、常に血飛沫か下ネタが飛び交い、容赦ないキャラクターを遺憾なく発揮。コスチュームこそスパイダーマンに似ていますが、下品なジョークを絶やさないテッドといったところでしょうか。アクロバティックな映像表現にも注目です。
ch STAFF
関西
そるてぃ
高3
自分のことを俺ちゃんと呼び、がんばっちゃうぞ!というおちゃめな言葉から始まるアクションシーンや第四の壁と呼ばれる視聴者に語りかけてきたりと今までにないヒーロー映画。何度でも観たくなりますよ!
ch STAFF
関西
なんば 高3
アクションシーンや男女が絡みあうシーンはかなり過激ですが、主人公のユニークな個性に思わず笑いが。エンドロールが終わるまで映画館から出ないことをオススメします◎
ch STAFF
関西
うぃこ 高2
デッドプールはキティーちゃんが好きだったり、恋人に真実を伝えることが怖かったりする私たち高校生にとって身近なヒーローだなあと感じられる作品です!
ch STAFF
関西
ほののん
高3
デットプールが観客に向けて話しかけながら次々と殺していくシーンにハラハラしました! 一見怖そうな映画ですが、実は様々な映画やキャラクターなどが出てきます! ただ、高校生には激しめなシーンもありますよ!
ch STAFF
関西
みゆき 高3
過激なシーンが多く、その迫力にドキドキ! 観るとすっきりして元気になれる映画です。主人公のユーモア溢れる言葉、映画へのオマージュなどにも注目!!
ch STAFF
北海道
まゆ 高2
現在と過去の状況がとてもわかりやすく描かれていて、ストーリーに引き込まれました。シリアスなシーンもギャグが多く、コメディのようで面白かったです。
ch STAFF
北海道
ルウ 高2
「すごい」の一言で語れないほどの圧倒的なアクションに驚かされました。アメコミをあまり知らない人でも楽しめる、観に行って絶対に損はない作品です!
ch STAFF
北海道
かりんりん
高3
過激な表現もありますが、常に軽口を叩くデッドプールのおかげで最初から最後まで楽しめました。いろんなところに小ネタが隠れているのでぜひ探してください!

 

デッドプール

  • 監督:ティム・ミラー
  • 脚本・製作総指揮:レット・リース、ポール・ワーニック
  • 出演:ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、 エド・スクライン、T.J.ミラー、ジーナ・カラーノ、他
6.1(水)公開 R-15

映画オフィシャルサイト

©2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

 
ch FILES/U-18では、取材に参加してくれる「ch高校生スタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら