スマホの次へ… アイドル応援アプリ CHEERZ(チアーズ)のフォッグ関根社長に高校生がインタビュー

次々とヒットアプリを生み出してきたフォッグの関根社長にch高校生スタッフがインタビュー。

フリーランスとしても、会社員としても働いてきた経験を持つ社長が自ら設立した会社って…!?

※この記事はch FILES 2015年8月号(7/20発行)に掲載したものです。内容や年数、学年などは掲載当時のままです。

社長に会いたい 第4回

フォッグ株式会社
代表取締役社長 関根佑介さん

数々のアプリが生み出される昨今、リリースするアプリを次々と世界でヒットさせている関根社長。これまで仕事をする中で出会ってきた、自分が“一緒に働きたい”と思う人材だけを集めて会社を設立したのは2年前。現在23名いるスタッフの半分は、それぞれ音楽業界や芸能事務所などで働いてきた人たちばかりだ。
 

オフィスには自由に
ゲームで遊べる環境も

 
オフィスを覗いてまず驚くのは、デスクに向かって忙しそうに作業をする社員がいる傍ら、大きなテレビ画面でテレビゲームに興じる社員もいること。自由な社風の中で、各自が自主性を持って、これまでの経験と能力を最大限に活かしている現場、という印象だ。

現在、大学生の6人に1人が利用するという“連絡帳アプリ” 「iam (アイアム)」は、電話番号からメアド、Twitter、Facebook、Lineなどの連絡先を一斉に交換することができるアプリ。

例えばTwitterのアカウントを変更すると、一度交換した相手なら、相手側の情報が自動的に更新される仕組みになっている。相手によって、どこまでの情報を交換するかは、自分で設定することができる。社会人の名刺交換に近く、仕事をする人たちには非常に便利なシロモノだ。
 

連絡先をまとめて交換!連絡帳アプリ-iam-

連絡先をまとめて交換!連絡帳アプリ-iam-
開発元:Fogg Inc.
無料
posted with アプリーチ

 
ただし「このiamは、今すぐその便利さを実感してもらうことはできない。僕は、これから何十年か先、スマホが別の端末に変わる時が必ず来ると思っています。iamが本当に必要とされるのはその時」と関根社長。

そして、このiamの機が熟すのを待っている間にリリースされたのが、“アイドル応援アプリ” 「CHEERZ(チアーズ)」だ。

Twitterのフォロワーを獲得するところから始めなければいけないアイドルと、視聴者を繋ぐプラットフォームのような場所を提供したい、という思いで生まれたアプリで、小桃音まい滝口ひかりなど400人以上のアイドルが参加している。アプリ内のランキングで上位を獲得すれば、ファッションブランドと組んだイベント出演や、フォッグが出版するビジュアルブックで一流カメラマンに撮影してもらうチャンスも提供される。
 

アイドル応援アプリ-CHEERZ-

アイドル応援アプリ-CHEERZ-
開発元:Fogg Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

ビジネスを成功させる秘訣は
人より一歩先を読んでいること

 

「こんなものがあれば便利なのに、と思うものを作っているだけ。僕はアプリビジネスは、センスと運さえあれば成功すると思っています」と社長は言い切るが、一見、思いつきが発端で生まれてきたようなアプリが、関根社長の頭の中では、今後どのように世界に広がっていくかまで、長期間のビジョンが具体的に描き出されている。

関根社長が学生の頃は、まだアプリはなく、携帯電話も持つか持たないか、という時代だった。それでも自分が興味のあるプログラミングの勉強を進め、学校のプロミュージシャン科の友人のレコーディングを手伝ったり、ホームページの作成などを請け負っているうちに、時代がめぐってきた。

当時、「自分が社長になるなんて、微塵も考えなかった」と笑う関根社長。ビジネスチャンスはいつ訪れるかわからない。常に今の自分にできる勉強を精一杯しておくことが大切なようだ。
 

関根社長にお聞きした
社長になるために必要な3つのこと

  • 信頼感

    仕事は人脈がすべて。“あいつに頼めば何とかしてくれる”と思ってもらえる信頼感で回っている。

  • 頼る力

    “一緒に働きたい”と思った人材を集めて作った会社だからこそ、大切な判断も社員を信じてすべて委ねる。

  • ビジョン

    社長の頭の中には、2年先、3年先の会社像の青地図が緻密に描かれている。先を描ける力が大切。

 
フォッグ株式会社 代表取締役社長 関根佑介さん

関根佑介
’82年、東京都生まれ。33歳。都立の進学校から理系大学に入るも1年で音楽系専門学校へ再入学。フリーランスで活動した後、メディア企業に入社し、手掛けた音楽プレイヤー「Lylica」が「iTunes Rewind 2010」総合1位を獲得。その後、スマホ着せ替えアプリ「CocoPPa」が世界で4000万ダウンロードを記録。’13年に独立し、フォッグ(株)を設立。連絡帳アプリ「i am」、アイドル応援アプリ「CHEERZ」をリリースした。
フォッグ株式会社 
 
もっと他の「社長に会いたい
 


取材を終えて

ch STAFF へり 高3
社員の自主性を重んじて、とても自由な雰囲気の会社。こんな会社で働きたいです!
ch STAFF ゆり 高3
社長は世界中飛び回って忙しいはずなのに、まるで学生のようにイキイキされていました!

 
ch FILESでは、取材に参加してくれる「chスタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら