世界から映画が消えてしまう前に観てほしい 『世界から猫が消えたなら』を高校生がプレビュー

映画

世界から猫が消えたなら

川村元気のベストセラー原作を映画化
佐藤健が一人二役をこなす話題作

 
愛猫と暮らす郵便配達員の僕は、突如病院で余命わずかと宣告された。

呆然とする僕の前に現れた悪魔に「世界からひとつ、ものを消せば、1日の命をあげる」と言われ、半信半疑の僕だが、「電話」「映画」とものが消えるたび、大切な人たちとのかけがえのない思い出が消えていった。

そして「猫」が消される日…。

函館・小樽の景色、アルゼンチン・ブラジルの情熱的な街並みが美しい。
 


 

ch高校生スタッフが独自の視点で五つ星評価

大切なことを教えてくれる度 ★★★★★

思い出の大切さを感じられる度 ★★★★★

ch STAFF よしの 高2
映画を観るまでは、猫なら正直いなくても大丈夫なんじゃないのかなと思っていました。私は自分の命が一番大切だと考えていたから。でも映画を観終えて、世界はかけがえのない大切なもので作られていると知りました。映画ならではの大迫力なシーンも見どころです。
ch STAFF Moca 高3
大切な人と素直に接することができず後悔することは誰にでもあること。この映画を観て、気持ちを伝えられる瞬間を大切にしていきたいと思いました。
ch STAFF ゆょんな 高2
とにかく佐藤健さん、宮﨑あおいさんの演技がいい! そして音楽も素敵でした。この世にあるもの全てに意味があること、私たちが人間として生きている凄さを感じられます。切ないだけではなく、笑えるシーンやキュンとするシーンなどたくさんの魅力が詰まっています。
ch STAFF さきちょこ 高3
命も思い出もお金では買えないので、迷う気持ちが分かる気がしました。 そして最終的に主人公がとった行動にも共感しました。いろんな感情が湧き出てきて、改めて自分の大切な物や思い出と向き合えるような映画です。

 

世界から猫が消えたなら

  • 監督:永井聡
  • 脚本:岡田惠和
  • 原作:川村元気「世界から猫が消えたなら」
  • 出演:佐藤健、宮﨑あおい ほか
  • 音楽:小林武史
5.14(土)公開

映画オフィシャルサイト

©2016 映画「世界から猫が消えたなら」製作委員会

 
ch FILES/U-18では、取材に参加してくれる「ch高校生スタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら