女子大生起業家として日本初のブリュレフレンチトースト専門店を開業した平井社長を高校生が取材

社長に会いたい

早稲田大学在学中に日本初のブリュレフレンチトースト専門店「フォルカフェ」の経営を始め、グラノーラの開発・販売など食卓のトータルプロデュースを目指す女性社長にch高校生スタッフがインタビュー!

社長に会いたい 第13回

株式会社フォルスタイル
平井幸奈 社長

Q1. どんな会社か教えてください。

日本初のブリュレフレンチトースト専門店「フォルカフェ」と「フォルグラノーラ」というグラノーラの2 本柱で“Make Life Delicious”をコンセプトに展開している会社です。

食を起点に、例えばグラノーラの朝食を彩る食器やお花なども含めたトータルなライフスタイルを提案するブランドとして世界に発信することを目標にしています。

Q2. 起業前後の大学生活はどんな感じだったのですか?

大学1年生の頃は、普通にサークルに入ってキャンパスライフを楽しんでいたのですが、アルバイトで携わる飲食の方が断然面白くて。

大学2年生でオーストラリアへワーキングホリデーに行ってシドニーのレストラン「bills」で働き、帰国してからまずは自宅で料理教室を始めました。お隣のカフェの休日にお店を使わせてもらえることになって月1回のカフェを始めて、大学3年生の時に「フォルカフェ」をオープン。

当時は人脈もお金も何もない状態だったので450万の借金をしました。大学の授業は朝9時からで、お店は11時から夜8時までだったので、授業の間はアルバイトの子に任せて、授業が終わればすぐお店に戻って仕事するという毎日でした。寝る時間以外はお店のことをしていましたね。

Q3. メニューの開発はどのようにしたのですか?

とぅるん、パリッという新食感のフレンチトーストが作りたかったので、東京の新宿中のパン屋さんのパンを買って来て1ヶ月間こもりっきりで毎日30回以上試しました。

運ばれてきた時に“わぁ、可愛い!”と写真に撮ってSNSに上げるお客様を演出するところまでが商品だと考えてビジュアルにもこだわりました。

foru_cafe_image foru_granola_image

Q4. 広告宣伝はどのようにされたのですか?

広告費はゼロで、FacebookやTwitterなどSNSを駆使しました。

あとは女子大生の起業家ということで話題性があったので、TV メディアからの取材は向こうから来てくださいました。大学の広告研究会の子がメニューを作ってくれたり、動画を作るサークルの子がクラウドファンディング用の動画を作ってくれたり、大学のコミュニティにも助けられました。

Q5. 高校時代はどんな勉強をされていましたか?

受験勉強は結構楽しんでやっていました。朝型なので、朝5時に起きてすぐ勉強して、ダンス部の朝練に行って学校の授業を受けて放課後はすぐ塾へ行って。

ただ、私は天才型じゃなくて超努力型なので、人の何倍も時間が必要で、国立大学を目指していたのですが、一度そこで挫折しました。

Q6. 壁はどのように乗り越えられていますか?

基本的にポジティブなので、あまり壁を壁と感じていません(笑)

国立大学に挫折して私立を選んだ時も “でもこの方が良かったのかもしれない” と。選んだ答えがすべて正解、というのが私の考え方です。

今でもお仕事の話をいただいたら “ちょっと無理かも” ということも、みんなで何とか間に合わせます(笑)

学生起業ということで注目はされるけれど、一方で半人前だと思われる部分もあるので “学生だからこんなもんだよね” と思われたくないという気持ちが強くありました。
 

平井社長にお聞きした
社長になるために必要な3つのこと

  • 常に前向きなこと

    新しいことに挑戦して失敗しても、失敗を失敗と思わないことが大事だと思います。選んだ答えはすべて正解。そこで何を吸収してどう活かすかはすべて自分次第。

  • ストイックであること

    仕事は自分との闘い、という部分があるので、少しくらい体力的に辛くても、自分の可能性に最大限に挑戦したいという気持ちでやっています。

  • 感謝する気持ちを忘れないこと

    ゼロから何かを始めることは一人でできることではないので、スタッフやお客さまに助けてもらっているという気持ちは忘れずにいたいです。

 

ch STAFF ゆうな 高2
ポジティブな姿勢が素敵でした! 私はどうしても人が羨ましく見えますが、自分が選んだ道を精一杯生きることが大切だと思いました。
ch STAFF るりか 高2
とてもキュートな社長さんなのに、こうしよう! と思った時の行動力がとにかくすごい! 私も俄然勉強のやる気が出ました!
平井 幸奈 社長

平井 幸奈 Yukina Hirai
’92年、広島出身。23歳。早稲田大学政治経済学部2年時にワーキングホリデーで訪れたオーストラリアでカフェ業に従事。帰国後、自宅で料理教室を始め、月1のカフェを開く。3 年時に日本初のブリュレフレンチトースト専門店「フォルカフェ」をオープン。翌’14年8月に法人化、株式会社フォルスタイルを設立。現在はオリジナルグラノーラの製造販売も行う。

フォルスタイル株式会社|ForuStyle Inc.

 
ch FILESでは、取材に参加してくれる「chスタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

社長に会いたい