動物たちの“楽園”を描く、ディズニー・アニメーション最新作『ズートピア』を高校生がプレビュー

ズートピア
映画

ズートピア

動物版iPhoneやスタバ、アプリが次々登場!?
ディズニーが贈る感動の最新作

 
ウサギ初の警察官になったジュディは、田舎町を飛び出し、“誰でも夢を叶えることができる”楽園・ズートピアに。大きな夢を抱いて職場に向かったものの重要な捜査からはずされてしまう体の小さなジュディに、48時間以内にある行方不明事件を解決すれば一人前の警察官になれるチャンスが訪れる。事件の手がかりを握るサギ師のキツネ、ニックと共に捜査を開始するが、事件の背後にはズートピアを狙う陰謀が潜んでいた!
 


 

高校生が独自の視点で五つ星評価

夢を信じる大切さを教えてくれる度 ★★★★★

互いを信じ合う心が大事度 ★★★★★

 

ch STAFF すずか 高2
どのキャラクターも可愛く、予想をはるかに超えてとても面白くて勇気の出る作品でした! “体が小さければ無力だ”と周りから決めつけられていたジュディが夢を叶えていく姿に感動。Dream Amiさんが歌う『トライ・エヴリシング』も作品にマッチして素敵でした!
ch STAFF もえ 高2
たくさん笑って、とても感動しました! 明るく夢が溢れるズートピアですが、事件の真相に近づくにつれ“嘘でしょ!?”という裏が発覚してびっくり。水と油のようなジュディとニックのコンビ、実は草食動物と肉食動物という違いを越えて育まれる2人の友情も見どころです。
ch STAFF かほ 高2
はじめは仲の悪かった2人が徐々に認め合い助け合うのが印象的でした。ジュディが市民のために頑張る健気な姿は応援したくなること間違いなし!
ch STAFF ゆょんな 高2
現代のような世界観がとてもお気に入りです。ジュディやニックだけでなく他のキャラクターにも個性があって、ストーリーにのめり込んでしまいました!
ch STAFF まゆ 高2
ところどころに笑いを挟みながらテンポ良く物語が進んでいって飽きずに最後まで楽しめます。ズートピアで起きた”偏見”が、現代社会の自分たちとは違う人たちに対する偏見を風刺しているようで、考えさせられる部分もありました。

 

ズートピア

監督:バイロン・ハワード、リッチ・ムーア

声の出演(日本版):上戸彩、森川智之、三宅健太、高橋茂雄(サバンナ)、他

主題歌(日本版):『 トライ・エヴリシング』Dream Ami

 

4.23(土)公開

映画オフィシャルサイト

©2016 Disney. All Rights Reserved.

 

ch FILESでは、取材に参加してくれる「chスタッフ」を募集しています。くわしくはこちら

ズートピア