クリープハイプ尾崎世界観さんに高校生が直撃 高校時代を振り返っていただきました

クリープハイプ

最新シングル『破花』が代々木ゼミナール「代ゼミ、合格改革。」編CMソングに起用されているクリープハイプ。

Vo.&G.尾崎世界観さんに、高校時代のお話から新譜のお話までch高校生スタッフが伺ってきました。
 


 

インタビュー

クリープハイプ

勉強はできなかったけど
音楽の道は明確な絵が浮かんでいた

 
▶︎ 尾崎さんはどんな高校生でしたか?

高校の頃は、背伸びしてわからないものを無理して理解しようとしていましたね。1人でラジオを聴いたり本を読んで考えたり。もちろん友達と遊ぶことも楽しかったし、それぞれの自分がいて。男子校で、文化祭は鉄道オタクが駅の看板とか切符を売っているような学校でした(笑)。女の子も来ないし。今は子供のフリをして馬鹿なことを楽しむ時期、次の場所に行くための猶予をもらっている途中の場所だというイメージでいました。

▶︎ 高校生の頃すでに音楽の道を決めていましたか?

音楽でやっていこうとは思っていました。僕は勉強もできなかったし、商店街のそば屋でアルバイトしても出前の鍋焼きうどんを届けた時には汁が半分なくなっている、それくらい他に何もできなかったから、安定した職業に就く自分よりも音楽で成功している自分の方がまだ明確にイメージが湧いたというか。音楽で失敗したとしても、他の道はもっと上手くいかないだろうという感じで。高校生の頃は時間があるし妄想もできたし、いろいろ想像して、音楽の道は明確に絵が浮かんでいましたね。

▶︎ 高校卒業後はどうされたんですか?

高2あたりからライブハウスに出るようになってすごく楽しくて、高3の夏頃、周りはみんな就職を決めていたのに、僕だけ決まってなくて。残り少ない会社のリストの中から探して、本が好きだから製本会社に面接に行ったら採用されたんです。会社はその後1年くらいで辞めて、アルバイトをしながら音楽を続けました。

▶︎ 周りから反対はされなかったですか?

親には内緒にしていました(笑)。「まさか本気でやってないだろうな?」と聞かれて「いや趣味でやってるだけだよ」とか言って。バンドって誰かプロに弟子入りするわけじゃないし、形がないですもんね。バイトをしながらバンドを続けていた頃は、生活するためにやりたくもないバイトをしないといけないし、まだ何も結果を出せていないのに音楽に触れられる時間も減って、 “何やってるんだろう?” と思う時が辛かったですね。少し手応えを感じられるようになったのは、きちんとCDが出てからです。ただCDが出来たら出来たで “なんで理想の形にならないのかな” と納得ができず後悔ばかりしていました。それがあるから今までやっているのかもしれないですね。

 

ルールがあるから見えることもある
今の僕が高校生の自分に伝えたいことば

 
▶︎ 新曲の『破花』は、どんな気持ちで書かれたのですか?

高校の頃は夜遅くまで起きて学校の授業は寝て、先生に教科書の角で頭を叩かれたりしていたんですが(笑)、今はルールって良いなと思っていて。縛られるからこそ自分は本当はこうしたいんだ、という自由な発想が見えてきたんだと思うんです。『破花』は自分がもし高校生の頃に言われたら心が動いたかな、ということを書きました。

▶︎ 今、高校時代の自分に何かアドバイスをするなら何を言ってあげたいですか?

当時の自分はひねくれていたので何を言っても聞かなかったと思います(笑)。ある意味今より強かったかもしれないですね。
 

【L→R】ch STAFF かおる  高1/尾崎世界観さん/ch STAFF ちな 高1

【L→R】ch STAFF かおる 高1/尾崎世界観さん/ch STAFF ちな 高1

 

こちらの記事もチェック!
まず不安を消そうという考えを消そう クリープハイプ尾崎世界観さんが高校生にアドバイス
 
クリープハイプ CreepHyp

’12年4月に1stアルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。クセになる独特の詩世界で瞬く間に人気を呼び、デビューからわずか2年で日本武道館2daysを敢行。昨年9月公開の映画『私たちのハァハァ』には本人役で出演、音楽を手がけた。メンバーは尾崎世界観(Vo.&G.)、小川幸慈(G.)、長谷川カオナシ(B.)、小泉拓(Dr.)。

クリープハイプ Official web site
 

new single 『破花』 【初回限定盤】(CD+DVD) ¥1,944 (tax in) now on sale

new single
『破花』
【初回限定盤】(CD+DVD)
¥1,944 (tax in)
now on sale


取材を終えて・・・

ch STAFF かおる 高1
『破花』は受験生はもちろん、何かに悩みながら進む高校生の背中を絶対に押してくれる1曲です。
ch STAFF ちな 高1
尾崎さんの考え方を聞き、自分の進路などたくさん考えるきっかけをいただきました。クリープ、ライブも最高です!

学年は取材時点のものです

ch FILESでは、取材に参加してくれる「chスタッフ」を募集しています。
くわしくはこちら

クリープハイプ