“カメレオン俳優”中村倫也さん主演映画『星ガ丘ワンダーランド』について高校生がインタビュー

星ガ丘ワンダーランド
映画 | インタビュー

星ガ丘ワンダーランド

昨年末の残酷歌劇「ライチ☆光クラブ」の舞台に続いて、TVドラマ「お義父さんと呼ばせて」に出演。

どんな役にも染まる“カメレオン俳優”と各所から引っ張りだこの中村倫也さん。

主演映画『星ガ丘ワンダーランド』についてch高校生スタッフがインタビュー!

 

ch STAFF ちこ 高3
じんわり来る感動
★★★★★


 

役者って不思議なお仕事は
まるで自分の写し鏡のよう

 

▶︎作品ごとに中村さんの見せる顔が全然違って、一体いくつ顔があるんだ!って驚かされます。

いや~すごい整形してますからねぇ。大変ですよ、お金かかっちゃって(笑)。

▶︎(笑)。『星ガ丘ワンダーランド』はどんな作品なのでしょうか?

とある駅の落し物預かり所で働いている青年がいるんですが、母親の謎の死がきっかけで、訳ありだった家族の時計の針が再び動き出し、そこからいろんな出会いや諍いがありながら成長していく家族の話です。

▶︎映像もすごくキレイでしたね! ストーリーも描かれている人も風景もすべて美しいですね

観た後、次の日からの景色がほんのり違って見えるというか、何かをする勇気が出る映画になっていれば嬉しいなと思います。キャストもスタッフも豪華でプロフェッショナルな方々が集まっていますしね。

▶︎役作りはどうやってされているんですか?

台本を読んだり、たとえば今回は25歳くらいの役なのでその25年間を一生懸命想像します。僕とは違う生い立ちだけど、自分と何かリンクする部分を拾い集めて、足りない部分は想像して。あとは現場でいろんな方と絡んでいく中で作っていく感じですね。

▶︎カメラが回った瞬間、その役に入り込むんですか?

うーん…どうなんだろう難しいね…24時間役に入っているわけではないんだけど、結局役者って、その役者の持っているものでしかないと感じていて、役と自分は別なんだけど、写し鏡のようで…。不思議な仕事だよね。

【L to R】ch STAFF ゆり 高3/中村倫也さん/ ch STAFF ゆうな 高1

【L to R】ch STAFF ゆり 高3/中村倫也さん/ ch STAFF ゆうな 高1

 

たとえ間違ってもいい
ワクワクすることをしていきたい

 
▶︎高校生の頃はどんなタイプだったんですか?

上手いことやるヤツだった。先生から気に入られつつ授業中ふざけるみたいな。

▶︎バレンタインの思い出などありますか?

女子と喋らないヤツを気取ってたから、全然もらえなかった(笑)。理系コースだったからクラスに女子が2人しかいなくて、「興味ないよ」って顔してめちゃくちゃ期待しているタイプ。1日ひたすらそわそわして人の目を気にして家に帰るっていうね。

▶︎手作りチョコでも嬉しいですか?

そりゃ嬉しいでしょ! あと男子が一番好きなのは手紙だと思う。手作りチョコに手紙を添えれば大概の男子は落ちますよ(笑)。同じ高校の中で彼女を作って、6時間目が終わったらその子のクラスの扉をガラッと開けて「おい、帰るぞ!」って呼んで一緒に自転車で帰る、っていうのが今の夢です(笑)。『アオハライド』みたいな恋がしたい。

▶︎進路に悩む高校生にアドバイスをお願いします!

きっと社会に出ても自分は何がしたいのかということはずっと付きまとうと思う。自分の場合は常に何にワクワクするのかということを探すことが原動力になっています。楽しいことやっていきたいもんね。人生って選択の連続だから、たとえ間違った選択をしても、後で「あれ、間違ったわ」って言えればいいだけだと思うから、重く考えずにやりたいことをやれば良いんじゃないかな。やりたいことやるためにはもちろんやりたくないことをやらなきゃいけないときもあるだろうけどね。

 

星ガ丘ワンダーランド

  • 監督:柳沢翔
  • 出演:中村倫也、新井浩文、佐々木希、菅田将暉、他
STORY>>>

星ガ丘駅の落し物預り所で働く温人は、日々届く落し物の持ち主を想像して似顔絵を描くことが日課。そんなある日、20年前に姿を消した母の訃報が届く。今は閉園になった星ガ丘ワンダーランドで自殺をしたという。母の死をきっかけに、離れ離れになっていた兄、義理の姉弟と出会い、閉ざされた過去が明かされていく…。

3.5(土)全国公開

映画オフィシャルサイト

©2015「星ガ丘ワンダーランド」製作委員会

星ガ丘ワンダーランド