学習管理アプリ「Studyplus」のスタディプラス廣瀬社長に高校生がインタビュー

大学受験を目指す高校3年生の3人に1人が利用していると言われる学習管理アプリ「Studyplus」を開発・運営する、スタディプラス株式会社の廣瀬社長にch高校生スタッフがお話を伺いました!

社長に会いたい | 第11回

スタディプラス株式会社
廣瀬高志社長

Q1. どんなことをしている会社ですか?

 勉強の記録を付けてグラフにして可視化したり、勉強友達を作ってお互いに励まし合って勉強の習慣を支援する「Studyplus」というアプリを開発・運営しています。アプリダウンロード数は現在150万人を超えています。

Q2. アプリのアイデアはどこからきたんですか?

 僕が高校の頃の2つ上の先輩が教えてくれた勉強法ですね。同じバスケ部のキャプテンで、背が高くてイケメンで東大にトップ合格した方なんですが(笑)、その先輩に「廣瀬、”勉強ノート“を付けると良いよ」と言われたんです。

 どれだけの時間、どんな勉強をしたかを記録して、グラフ化して可視化するためのノート。あとはマドンナ古文や速読英単語、実況中継シリーズなど、おそらく皆さんも使われている”良い参考書“を教えてくれました。それを見ると、すべて解説がわかりやすく書いてありました。

 たとえ塾や予備校の授業を受けても、最終的には自分で勉強することが重要になってくる。その”勉強の継続“が難しいんですよね。Studyplusは僕の大学受験体験がもとになっています。

Q3. 起業までの経緯は?

 僕は高3の夏まで部活でバスケをやって、そこから受験勉強をして東大を目指したのですが、1年目は受からず浪人。2年目も東大は受からず、慶應の法学部に入りました。

 慶應に入ると周りのみんなは大抵テニスサークルに入って合コンでしょ(笑)。でも僕は自分で会社を作って事業をしたいと思っていたので、大学1、2年はインターンでめちゃくちゃ働いて、大学3年生の時に大学生向けのビジネスコンテストで優勝して、それからすぐに起業しました。

 翌年、資金調達をして投資家の方々から1000万円をご出資いただきました。本当は大学も卒業するに越したことはないのですが、僕は大学3年生を2回してしまっていたこともあり、事業に集中するために、資金調達のタイミングで大学は辞めました。

Q4. スマホ × 勉強に抵抗はなかったですか?

 それはなかったです。僕がこのサービスのもとをはじめに作ったのは2011年。iPhoneが出始めの頃で、これから拡大される時期でした。世の中に大きな変化がある時というのはビジネスチャンスなんです。日本はまだインターネット × 教育という分野に遅れていたから、そこには確信がありました。

Q5. 高校生の間にしておくと良いことは?

 バスケ部での生活は、練習もハードでメンタルを強くしてくれたと思います。

 当時はベンチャーブームでホリエモン(元株式会社ライブドア堀江貴文社長)がフジテレビを買収するとかプロ野球球団を持つという話も出るほど一世を風靡して、すごくカッコ良かったんです。僕は週1、2冊ほどのペースですがビジネス書や経営者の自伝を読んでいました。ビル・ゲイツやサイバーエージェントの藤田社長とか。

 もし今高校生に戻るなら、留学をしたかったかな。あとは例えば気になる社長がいれば、その社長がTwitterでフォローしている人を自分も全部フォローしてみると良いと思います。フォローする人を替えると、入ってくる情報が一気に変わりますよ。

 

廣瀬社長にお聞きした
社長になるために必要な3つのこと

  • 仲間を巻き込むこと

    仕事は、どんな仲間と一緒にしていくかに尽きる。僕の仕事にはエンジニアが必要なので、ブログに「会社をやめた」と書いている人がいれば直接メッセージを送ったりしながら、優秀な人材を集めた。

  • 諦めずにやり続けること

    会社を作ることは簡単。司法書士の人に20万円ほど渡せばできちゃう。でも大切なのはその事業をいかに成長させて伸ばしていくか。心が折れそうな時にどう気持ちを保ち続けるかが大切。

  • 自分を持つこと

    ほとんどの事業が、世の中の何らかの“問題解決”になっている。僕は“勉強の継続”を課題にして、誰もが学力を上げ、自分の可能性を広げられる社会にしたいと思っている。

 

ch STAFF かれん 高3
社長はイケメンで柔らかい雰囲気なのに、話していると目標に向かってまっすぐ進む信念を強く感じました!
ch STAFF みなせ 高3
小1の時に七夕の短冊に「社長になってお金持ちになる」と書かれていたと聞いてスゴイと思いました!
ch STAFF 菜々子 高1
私も毎日の勉強の記録をStudyplusで残しています。高校生の間に何をすべきかというお話を聞けて良かったです。
ch STAFF 桃子 高2
私も将来起業したいと思っているので、このアプリを通じて世の中の“勉強継続”の問題解決にしたいというところまで考えておられる社長のお話に、自分ももっと考えなきゃと思いました。
ch STAFF もっちー 高2
iPhoneが出始めた頃に、スマホとその対極にありそうな勉強を合わせた発想と思い切りがすごいと思いました。

 

1603_shacho_syachou

廣瀬 高志 Takashi Hirose

’87年生まれ。28歳。’10年3月、慶應義塾大学法学部在学中に大学生向けのビジネスコンテストで優勝し、同年5月に前身の株式会社クラウドスタディを設立。翌’11年9月に大学を辞め、12年3月に「Studyplus」PC版を、8月にiOS、12月にAndroidアプリをリリースさせた。’13年5月、スタディプラス株式会社に社名を変更し現在に至る。

Studyplus(スタディプラス)- 勉強が楽しく続くSNS

 

Studyplus 勉強記録で習慣化できる無料勉強アプリ

Studyplus 勉強記録で習慣化できる無料勉強アプリ
開発元:Studyplus Inc.
無料
posted with アプリーチ