美のプロフェッショナル「美容師」には努力と根性、さらに向上心が必要なのだ

シゴトFILES vol.5

美容師

 

ヘアスタイルで魅力を引き出す「美のプロフェッショナル」


 おしゃれ感のある職業といえば、やはり美容師を思い浮かべるという人は多いだろう。美容院やヘアサロンで颯爽と立ち回り、客が理想とするヘアスタイルへと変貌させるその姿はまさに「美の魔術師」。テレビ番組で「見た目の残念な人がカリスマ美容師のテクニックでこんなに素敵に変身!」などというコーナーがあると、思わず見入ってしまう。

 ファッションに携わる仕事として、ヘアカットやパーマ、スタイリング、カラーリングなどはもちろん、中にはメイクやネイルケアといったヘアスタイル以外のサービスを行うこともある美容師。

 一見誰もが憧れるおしゃれでカッコ良い職業だが、国家資格の取得はもちろん、一人前になるためには長いアシスタント期間とスキルアップのための日々の努力が必要なのだ。

 

華やかさの裏にある努力と情熱


 美容師になるために必要な美容師国家試験を受験するためには美容師養成施設を卒業することが条件。専門学校などで2年間勉強し、国家試験にチャレンジするのが一般的だ。

 さらに、最初は誰もがアシスタントからスタートするため、美容師になっても下っ端から根性で這い上がらなければならない。技術のスキルアップはもちろん、ヘアスタイルやファッション、流行に関する情報収集も欠かせない。

 そして何よりも重要なのは向上心。「将来、美容業界で活躍したい!」「独立して自分の店を出したい!」という明確な野望を持つことが、日々のモチベーションになる。

 
 

技術だけでなく接客のスキルも重要


 客の希望通りのヘアスタイルを提案し、満足してもらうためには専門知識と確かな技術が必要だが、その人の髪の質や輪郭など、客によってそれぞれ違う個性に合ったスタイルを見極めるには経験や感性も重要。

 また客がどんなスタイルを求めているのかを接客しながら探っていくコミュニケーション力もなければいけない。笑顔を絶やさずに客がリラックスできる空間を作り出し、「また来たい」と思ってもらえるような細やかな心配りも大切だ。

 

美容師になるには?


 美容師養成施設の必要課程を修了すると、国家試験の受験資格が得られる。その後、美容院やサロンでアシスタントとして経験を積む。

 

こんな人が向いている!


 ヘアスタイルを考えることや人を喜ばせることが好きな人に向いている。一日立ち仕事なので、体調管理も不可欠だ。

 
ほかの「シゴトFILES」を探す
 

文と絵:デヴォン山岡