ぬお!マジかよ多すぎねーか?ツボを司るスペシャリスト「鍼灸師」

シゴトFILES vol.3

鍼灸師

 

身体を司る「ツボ」のスペシャリスト


 はり・きゅう治療と聞くと「痛そう」「熱そう」といったネガティブなイメージがいくらでも浮かんでくる。ちょっとした注射でも逃げ出したくなるくらい怖いのに、はり治療なんて絶対無理!なんて気持ちになる人もいるだろう。

 しかし、ここで声を大にして言いたいのは、鍼(はり)・灸(きゅう)治療を考える上でもっとも必要なのは、身体の経穴(けいけつ)、いわゆる「ツボ」と呼ばれる部分への理解だということ。

 昔のマンガで、経絡秘孔を攻撃して相手を倒す一子相伝の拳法などもあったが、経絡(血気の通り道)の状態で、人間の身体は良くも悪くも変化する。もちろんマンガはフィクションの世界だが、実際に経絡が滞ることにより病気や体調不良が引き起こされることがあるのだ。

 つまり、原因となっている経絡を司るツボに刺激を与えることで、病気を治療したり、健康を維持したりすることも可能であり、その手段として鍼や灸が大活躍するのである。そして、人体の経穴についての高度な知識と治療スキルを併せ持つツボのスペシャリストこそが「鍼灸師」なのだ。

 

人間本来のチカラを引き出す「東洋医学」


 鍼灸治療を語るうえで「東洋医学」という概念に触れずにはいられない。私たちが普段よく利用している病院での治療は「西洋医学」だが、「東洋医学」は人間が本来持つ自然治癒力を高めて病気の治療や健康の維持を図るという考え方だ。

 鍼治療は細い針をツボに刺して刺激を加え、灸治療は薬草を燃焼させツボを温める。それぞれの体表への刺激が、鎮痛効果をもたらしたり、血液の流れを良くしたり、体調の回復を促す。不思議なことに、経穴の位置をしっかり把握して鍼を刺せば、痛みもほとんど感じないのだ。

 

ますます広がる鍼灸師のフィールド


 最近は、鍼灸治療だけでなく、スポーツ選手のケアとしての鍼灸や美容・アンチエイジングに効果がある鍼灸、助産院と提携したマタニティ鍼灸など、幅広い分野で鍼灸への期待が高まっている。国家資格さえ取得すれば開業することもできるので、自分なりのスタイルを確立して理想の鍼灸治療を提供することもできるぞ。

 

鍼灸師になるには?


 「はり師」と「きゅう師」それぞれの国家資格の取得が必須。そのために、専門学校などで3年間授業を受け、受験資格を得ることが条件だ。

ch2_150618

スポンサーリンク

 

こんな人が向いている!


 人体の解剖学などの知識を得られるので、スポーツ経験者や自分自身の健康管理に興味がある人にはたまらない分野だろう。

 
ほかの「シゴトFILES」を探す
 

文と絵:デヴォン山岡